エイクレスの効能・用量・副作用など

エイクレスの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 大石膏盛堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

エイクレスの特徴

●エイクレスは局所麻酔薬リドカインを配合していますので肩こり,筋肉痛などにすぐれた効き目を発揮します。
●エイクレスはl-メントールの刺激によりすぐれた消炎・鎮痛作用を発揮します。
●エイクレスは粘着性のある基剤と伸縮性のある不織布を使用していますので,はがれやすい部位にもピッタリとフィットします。

エイクレスの効能効果

腰痛,打撲,捻挫,肩こり,関節痛,筋肉痛

エイクレスの用法用量

1日1?2回薬面の上のライナーをはがして患部にお貼りください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)本剤は,痛みやはれなどの原因になっている病気を治療するのではなく,痛みやはれなどの症状のみを治療する薬剤ですので,症状がある場合だけ使用してください。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)皮膚の弱い人は,使用前に腕の内側の皮膚の弱い個所に1?2cm角の小片を目安として半日以上貼り,発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください。
(5)患部の皮膚は清潔にし,汗等をよく拭きとってからお貼りください。

エイクレスの成分分量

100g中
リドカイン 0.5g
l-メントール 0.75g
(添加物)
エデト酸ナトリウム,グリセリン,D-ソルビトール,ポリアクリル酸部分中和物,ポリビニルアルコール(部分けん化物),ヒマシ油,ジイソプロパノールアミン,カルボキシビニルポリマー,pH調節剤,ポリソルベート80,その他1成分

エイクレスの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

エイクレスの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)品質保持のため,未使用分はこの袋に入れ,開封口をきちんとしめ,外気にふれないようにして保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

エイクレスが気になる人向けのコラム

妊娠中の頑固な肩こりを解消する5つの方法|肩こりの4つの原因

今までと体調、体型、生活スタイルが変わってくる妊娠中。慢性的に起こる肩こりを辛く感じている妊婦さんも多くいます。そこで、自分でできる解消法をご紹介します。 肩コリは妊娠中、どんどんひどくなる! 女性は男性に比べてもともと筋肉が少ないために... 続きを読む

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む

あなたは大丈夫?腰痛の原因は座る姿勢かも

腰痛の原因は?
最近腰痛になやむようになったあなた、あなたの腰痛の原因はなんでしょうか。腰痛が起こる原因はいくつかありますが、昔と比べ長時間のデスクワークが原因となっているものも増えています。
デスクワークが腰に悪影響を与えるのは、... 続きを読む

頭痛の原因はスマホ猫背からくる肩こりが原因? 肩こりの解消方法

慢性的な頭痛の原因のひとつに、肩こりがあります。頭痛に悩まされている人は、まず肩こりから解消していくと、頭痛の緩和に。その方法をご紹介します。 血行不良や老廃物の蓄積で頭痛に 不定愁訴のひとつでもる「頭痛」。主に慢性頭痛には、片頭痛、群... 続きを読む

アレルギー薬の抗ヒスタミンが眠くなるのは嘘? ヒスタミン5つの働き

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー病の患者さんの場合、アレルギーの原因となる物質が体内に入ってくると、これを体にとって「異物」として攻撃するために、免疫を担う白血球を構成する肥満細胞(※)が反応します。
この反応で肥満細胞はヒスタ... 続きを読む