オキソピンZの効能・用量・副作用など

オキソピンZの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 液剤
製造販売会社 日本製薬工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

オキソピンZの特徴

薬物学書の古典とされている神農本草経には,365種類の薬物が薬効別に述べられています。オキソピンZに用いられているニンニク,人参,当帰,鹿茸,牛黄は全て神農本草経に収載されている生薬です。
オキソピンZは,国産のニンニクより抽出したニンニクエキスに,ニンジン(人参)エキス,トウキ(当帰)流エキス,ロクジョウ(鹿茸)チンキ,ゴオウ(牛黄)チンキやビタミンB1・B6を配合した滋養強壮保健剤です。

オキソピンZの効能効果

肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給,滋養強壮,虚弱体質

オキソピンZの用法用量

次の用法・用量を守り,添付のカプセルに入れ,服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1mL:2回
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)カプセル1個に1mLの薬液が入ります。
カプセルをはずします

カプセルに薬液を入れます

カプセルをしっかりはめて服用してください
(2)のどを詰まらせるおそれがありますので,カプセルを服用するときは,必ず起き上がった状態で,十分な水又はぬるま湯でかまずに服用してください。
(3)カプセルには,服用直前に薬液を入れてください。

オキソピンZの成分分量

2mL中
ニンニクエキス 1000mg (ニンニク3000mg)
ニンジンエキス 54mg (人参600mg)
トウキ流エキス 0.1mL (当帰100mg)
ロクジョウチンキ 0.175mL (鹿茸50mg)
ゴオウチンキ 0.2mL (牛黄2mg)
チアミン硝化物 20mg
ピリドキシン塩酸塩 25mg
(添加物)
D-ソルビトール,希塩酸,安息香酸ナトリウム,パラベン,カラメル,シクロデキストリン,香料,ゼラチン(カプセル)

オキソピンZの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

オキソピンZの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して立てて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(5)開封後は品質保持の点からなるべく早く服用してください。
(7)カプセルを冷蔵庫に保管しますと庫外に出した時,水分が付着しますのでさけてください。また,カプセルを濡れた手で取り扱わないでください。

オキソピンZが気になる人向けのコラム

脂肪を燃焼させるニンニクダイエット

ニンニク
ニンニクダイエットはニンニクの持つ脂肪燃焼作用を利用したダイエット方法です。
ニンニクと言うとスタミナを付けたいときに召し上がると良い食材の代表的な存在ですが、代謝が高まり脂肪燃焼が促進する作用があるのでダイエットにも期待さ... 続きを読む

プラセンタ

プラセンタとは、英語で哺乳類の胎盤のこと。胎盤には、妊娠中、へその緒を通じて母体から胎児に栄養や酸素を供給する働きがあります。分娩後は役割を終え、体外へ排出されることに。
胎盤の成分を含む羊水は、その美肌効果でクレオパトラ、楊貴妃といっ... 続きを読む

ヘルシーで栄養もとれるもやし炒めダイエット

もやし炒め
もやしは独特のシャキシャキとした食感が食欲を誘う、炒めものでは定番の食材です。他の野菜と比べて安価で入手しやすいことで人気です。そんなもやしは、実は栄養豊富かつ低カロリーなとても魅力的な野菜でもあるのです。高カロリーな肉をも... 続きを読む

アーモンドミルクで栄養補給しながらダイエット

アーモンドミルク
ダイエット中に低脂肪の牛乳や豆乳を飲む事は必要な栄養素を補う上で良い方法の一つですが、牛乳を飲む場合には牛乳に含まれている乳糖による乳糖不耐症による下痢、豆乳を飲む場合には豆乳に含まれるマグネシウムによる下痢などを引... 続きを読む

一度空気に触れたらキケン!ペットボトルの水はその日のうちに飲みきること

イマドキの飲み水といえばミネラルウォーターが一般的で、外出先ではペットボトルの水を買うこともありますよね。特に夏場は熱中症対策のためにも、ペットボトルを携帯してこまめに水分補給することが大切です。 しかし、外出先で飲みきれなかった水の... 続きを読む