コーナ軟膏の効能・用量・副作用など

コーナ軟膏の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 三宝製薬
販売会社 ノーエチ薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

コーナ軟膏の特徴

皮膚炎やしっしんは皮膚病の中で最も一般的にみられるもので,体質的な原因によって起こるもの,刺激性の物質に触れたとき起こるものなどがあります。これらはいずれも痒みを伴い,かきこわしを起こしやすいので,炎症を抑え痒みを鎮めることが大切です。
コーナ軟膏は,炎症を抑え痒みを鎮めるジフェンヒドラミン塩酸塩,dl-カンフル,皮膚の血行を促進させるトコフェロール酢酸エステル(ビタミンEアセテート),皮膚の代謝機能を改善するビタミンA油,かきこわしによる化膿を防ぐイソプロピルメチルフェノールを含み,皮膚炎,しっしん,かぶれ,ひび,あかぎれ等に効果を示します。また本剤は皮膚になじみやすい乳剤性軟膏基剤ですから,有効成分の皮膚への浸透性がすぐれています。

コーナ軟膏の効能効果

皮膚炎,湿疹,じんましん,ただれ,かぶれ,しもやけ,ひび,あかぎれ

コーナ軟膏の用法用量

1日数回,適当量を患部に塗布または塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用のみに使用してください。

コーナ軟膏の成分分量

100g中
トコフェロール酢酸エステル 2g
ジフェンヒドラミン塩酸塩 0.5g
dl-カンフル 3g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
ビタミンA油(ビタミンA50万単位/g) 1g
(添加物)
オリブ油,パルミチン酸セチル,精製ラノリン,濃グリセリン,ステアリルアルコール,ラウロマクロゴール,ポリオキシエチレンセチルエーテル,コレステロール,ステアリン酸ポリエチレングリコール,ステアリン酸グリセリン,ミリスチン酸イソプロピル

コーナ軟膏の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)湿潤やただれのひどい人。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)使用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ
(2)5?6日間使用しても症状の改善がみられない場合。

コーナ軟膏の保管上の注意

(1)小児の手のとどかない所に保管してください。
(2)直射日光の当たらない,涼しい所に密栓して保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するために,他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限をすぎた製品は使用しないでください。

コーナ軟膏が気になる人向けのコラム

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む

デング熱、蚊アレルギー…かゆいだけではない「虫刺され」にご用心!

昨年流行したデング熱の報道を目にして、「蚊に刺されただけで!?」と驚いた人も多かったはず。今年は昨年のようなデング熱の流行は見られませんでしたが、蚊に刺されたことを要因とする「蚊アレルギー」が、今注目されています。 蚊に刺されは唾液腺... 続きを読む

「ヨーグルト」が菌による膣の炎症に効果あり!

「カンジダ」とはどのような病気?

真菌(しんきん)(カビ)の一種であるカンジダは腟内の常在菌のひとつです。
カンジダが異常増殖することによって、外陰部の皮膚に症状を来す疾患を外陰カンジダ症といいます。通常、腟炎(ちつえん)を合併す... 続きを読む

まだ油断できない!GWまで役立つ花粉症対策は?

春らしい日が増え、スギ花粉のピークは過ぎたようですが、関東以北はまだまだ花粉飛散量が多い日が続きます。今年はスギ花粉飛散量が多いといわれており、東北地方では今まさに飛散量のピーク。スギ花粉が減っても今度はヒノキ花粉と、6月頃までは花粉症... 続きを読む