タプソール8の効能・用量・副作用など

タプソール8の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 雪の元本店
販売会社 ジェイ・メディックス
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

タプソール8の特徴

タプソール8は,温感による皮膚刺激作用で血行を改善し,新陳代謝を活発にすることで,肩のこりや筋肉の痛みをやわらげる外用鎮痛消炎軟膏です。
◆速効性かつ持続性の温感効果が得られます。
◆ノニル酸ワニリルアミドを中心にテレビン油,ユーカリ油が皮膚患部の血液循環を良くし,筋肉のこり,痛み,疲れに効果をあらわします。
◆頑固な肩こり,腰痛,筋肉痛などの痛みをやわらげます。
◆激しいスポーツや重労働を行った後の筋肉疲労の回復を促します。
◆軟膏であるため,使用量の調節が容易です。

タプソール8の効能効果

肩こり,リウマチ,神経痛,打ち身,捻挫,筋肉痛,腰痛,関節痛,しもやけ,筋肉疲労

タプソール8の用法用量

患部皮膚面をきれいにふいた後,本品1?2gを随時塗擦する。
(ただし,創傷面・粘膜および目には絶対に塗布しないでください。)
(用法関連注意)
●定められた用法・用量を厳守してください。
●表面に軽くのばすように最初は,ためし塗りとして,少量を皮膚の表面に軽くのばすようにやさしく塗ってください(すりこまないでください)。ためし塗りの量を参考にして,塗布範囲にあわせて,少量からご使用ください。
●患部全体にすりこまずに,軽くのばして塗ってください。
●小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
●目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
●外用にのみ使用し,内服しないでください。
●塗った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。
●入浴前の使用は避けてください。
●使用後は石鹸で手をよく洗ってください。

タプソール8の成分分量

1g中
ノニル酸ワニリルアミド 2.3mg
dl-カンフル 100mg
テレビン油 90mg
ユーカリ油 10mg
(添加物)
ワセリン,パラフィン,ソルビタン脂肪酸エステル,香料

タプソール8の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
次の部位には絶対に使用しないでください。
(1)目の周囲,粘膜(鼻,口腔,肛門等)等
(2)湿疹,かぶれ,傷口
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状(発疹,かぶれ等)を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,痛み
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

タプソール8の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

タプソール8が気になる人向けのコラム

生活に取り入れたいアロマテラピー 乾燥しょうがは万能ハーブ

春の訪れは突然にやってきます。ふと気がつくと梅の花が咲き、桜の花が開き始めます。暖かな日差しを受け、春を迎える喜びを感じるその日は、新たな1年のスタートのように思われます。まずは体の準備が必要です。冬の間の寒さから体を守ってくれた肌や粘膜... 続きを読む

短い時間で楽々!筋肉緊張ダイエット

筋肉緊張
自分が痩せたいと思っている体の筋肉に力を入れる、これが筋肉緊張ダイエットです。脂肪を燃焼させることから常態変換法ダイエットととも呼ばれたりすることがあります。手順は至ってシンプルです。胸の筋肉の引き締めを行う場合は、胸を張り、... 続きを読む

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

気功入門-3つの入門用エクササイズ|体と心の緊張を解いてリラックス

「気功」は中国古来の哲学や医学に基づく健康法。中国や台湾では太極拳のように、健康のために公園などで行われています。東洋医学では、体の中を気・血・水(き・けつ・すい)の3つが巡っていると考えます。「血」は血液、「水」は血液以外の体液、「気」... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む