黄帝酒の効能・用量・副作用など

黄帝酒の基本情報

黄帝酒

黄帝酒

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 薬用酒
形状 液剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

黄帝酒の特徴

エレウテロコック根,オウセイ,ニンジンなど,10種類の生薬から得たエキスに,タウリンを配合した滋養強壮に効果をあらわす薬用酒です。冷え症,虚弱体質,肉体疲労などの場合の滋養強壮に効果をあらわします。

黄帝酒の効能効果

次の場合の滋養強壮
虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え症

黄帝酒の用法用量

大人1回10?20mL,1日1?2回服用します。
服用量は添付の目盛つき計量カップで計量します。
(用法関連注意)
用法及び用量を厳守してください。計量カップはご使用の都度,水洗いなどして常に清潔に保管してください。

黄帝酒の成分分量

100mL中
生薬軟稠エキス 2g (チョウジ0.869g,ソウジュツ0.773g,ケイヒ・ショウキョウ各0.966g,サンショウ0.58g,キキョウ1.256g,ニンジン・オウセイ各0.483g,ボウフウ0.29g)
エレウテロコック根軟稠エキス 50mg
タウリン 300mg
エタノール(アルコール) 14.7mL
(添加物)
ブドウ糖,カラメル,香料(バニリン, プロピレングリコール, グリセリン, エタノールを含む)

黄帝酒の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください。
手術や出産直後等で出血中の人。(血行を促進するため)
2.乗物又は機械類の運転操作を行う場合は服用しないでください。(アルコールを含有するため)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)アルコールに過敏な人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

黄帝酒の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります)
(4)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。
(5)本剤には糖分が含まれておりますので,びんの口に本剤が付着したままキャップを締めると開かなくなることがあります。服用の都度ビンの口をよく拭いてからキャップをしっかり締めてください。
(6)服用時の気温や液温などにより,多少香味が違うように感じられることがありますが,品質には変わりありません。

黄帝酒が気になる人向けのコラム

「酒は百薬の長」はウソ? 「まったく飲まない人が一番健康」という研究データ発表

「酒は百薬の長」といわれ、適度な飲酒は身体によいとされてきました。しかし、最近の研究データでは、適量の飲酒でも健康のためにはならないことが判明しています。これまでの通説を覆す、最新のデータからわかるアルコールのウソホントについて考えてみ... 続きを読む

肉体をあるべき姿に整える奇数チベット体操

奇数チベット体操
奇数チベット体操ダイエットは、ヒマラヤの奥地で編み出された神秘の健康術「チベット体操」によるダイエットです。
チベット体操は体を巡るチャクラのバランスを整え、乱れたエネルギーを正常な状態に戻すことで肉体本来の力を引... 続きを読む

絶対冷え性を治したい! 冷えを改善する4つの生活ポイント

厳しい寒さが続くなか、体が冷えてつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?
冷え症は圧倒的に女性に多く、女性の2人に1人は冷え症という調査結果もあるほど。それほど女性に多い冷え症ですが、問題なのは、寒い、手足が冷たいといった体の冷... 続きを読む

ニンジン寒天ダイエットとは

ニンジン寒天
ニンジン寒天ダイエットとは、ニンジン寒天を食べるダイエットです。寒天の食物繊維とニンジンのβカロチンが組み合わさることで、ダイエットの効果がさらにアップすると考えられています。寒天はその8割が食物繊維なので、整腸作用があり... 続きを読む

疲労をためない体をつくるには-適度な運動と正しい姿勢が重要

運動や肉体労働で体を動かした後だけでなく、1日中オフィスワークをしていた日にも、筋肉の疲労を感じることはよくあります。筋肉疲労はどんなメカニズムで起こるのでしょうか。
筋肉は内臓と同じく、体内のエネルギーを使って働きます。その結果、排... 続きを読む