デントヘルスRの効能・用量・副作用など

デントヘルスRの基本情報

デントヘルスR

デントヘルスR

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 歯痛・歯槽膿漏薬
形状 塗布剤
製造販売会社 ライオン
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

デントヘルスRの特徴

デントヘルスRは歯ぐきや歯周ポケットに指で塗り込む塗布タイプの歯肉炎・歯槽膿漏薬です。
●歯ぐきのはれ・出血・痛み,口のねばり,口臭といった歯肉炎・歯槽膿漏の諸症状,口内炎に優れた効きめがあります。
●だ液に流されにくい滞留処方で,4つの有効成分が患部に留まり歯ぐきの奥まで浸透し,すぐれた効果を発揮します。
●歯ぐきに塗りやすく,爽やかな使用感のゲルタイプです。

デントヘルスRの効能効果

歯肉炎・歯槽膿漏における諸症状(歯ぐきの出血・発赤・はれ・うみ・痛み・むずがゆさ,口のねばり,口臭)の緩和,口内炎

デントヘルスRの用法用量

歯肉炎・歯槽膿漏:1日2回(朝・晩)ブラッシング後,適量(約0.3g,約1.5cm)を指にのせ,歯ぐきに塗り込んでください。
口内炎:1日2?4回,適量を患部に塗ってください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)歯科用にのみ使用してください。

デントヘルスRの成分分量

100g中
グリチルリチン酸二カリウム 0.4g
アラントイン 0.3g
ヒノキチオール 0.1g
セチルピリジニウム塩化物水和物 0.05g
(添加物)
カルボキシビニルポリマー,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),ポビドン,アルギン酸ナトリウム,pH調節剤,グリセリン,エタノール,ポリソルベート60,ステアリン酸ソルビタン,ショ糖脂肪酸エステル,流動パラフィン,香料,l-メントール

デントヘルスRの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
その他:味覚異常
3.しばらく使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

デントヘルスRの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)。
(4)使用期限が過ぎた製品は使用しないでください。

デントヘルスRに効果効能が似た薬

デントヘルスRが気になる人向けのコラム

口の中でとろける!霜降り和牛のおいしさの秘密とは?

値段が高く、高級なイメージのある霜降り和牛。めったに食べられないけれど、あのとろける味が忘れられないという人も多いはず。なぜあんなにおいしいのでしょう。肉のおいしさを研究する日本獣医生命科学大学の松石昌典教授にうかがいました。 脂肪が... 続きを読む

口臭を引き起こす「ドライマウス」てどんな病気?

ドライマウスとは

唾液(だえき)分泌量が低下して唾液の質に異常を来し、のどが渇いたり口のなかが乾燥し、痛みや不快感が生じます。
口腔乾燥症(ドライマウス) - goo ヘルスケア


クッキーやクラッカーなど水分の少ない食品... 続きを読む

美しい歯は日頃のお手入れが肝心-定期的な検査と歯磨きのコツ

6月4日から10日までは「歯の衛生週間」。歯の大切さは今さら言うまでもないでしょう。私たちは食物を摂取することで生命を保っています。それには健康な歯と歯ぐきの存在が欠かせません。健康な歯で食物を十分にかみ砕き、消化器に送り込み、体を形づく... 続きを読む

気になる口臭の原因と対処法-ひどい口臭には意外な病気が

きちんと歯を磨いたはずなのに、口臭が気になることはありませんか?
多少の口臭は誰にでもあるのが普通ですが、さまざまな原因によってにおいは強くなります。
口臭の原因はいろいろありますが、一番多いのは口の中の細菌によるもの。口の中には、新... 続きを読む

あなたは大丈夫?歯周病が分かる10個のチェックポイント

歯周病は、歯ぐき(歯肉)など歯を支える歯周組織が歯周病菌による炎症で徐々に破壊されていく病気の総称で、成人の抜歯原因の第1位です。虫歯と違って痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見た目でも進行がわかりにくいため、気がつかないうちに抜歯が必要... 続きを読む