リポスミンの効能・用量・副作用など

リポスミンの基本情報

リポスミン

リポスミン

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 催眠鎮静薬
形状 錠剤
製造販売会社 皇漢堂製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

リポスミンの特徴

リポスミンは,抗ヒスタミン作用により眠気を催すジフェンヒドラミン塩酸塩を配合したフィルムコーティング錠で,就寝前に服用することにより,一時的な不眠を緩和する製品です。

リポスミンの効能効果

一時的な不眠の次の症状の緩和:寝つきが悪い,眠りが浅い

リポスミンの用法用量

寝つきが悪い時や眠りが浅い時,次の1回量を1日1回就寝前に水またはお湯でかまずに服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2錠:1回
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)1回2錠を超えて服用すると,神経が高ぶるなど不快な症状があらわれ,逆に眠れなくなることがあります。
(3)就寝前以外は服用しないでください。
(4)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

リポスミンの成分分量

2錠中
ジフェンヒドラミン塩酸塩 50mg
(添加物)
セルロース,乳糖水和物,ヒドロキシプロピルセルロース,クロスカルメロースナトリウム,ヒプロメロース,酸化チタン,マクロゴール,カルナウバロウ,ステアリン酸マグネシウム

リポスミンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください。
(1)妊婦または妊娠していると思われる人。
(2)15歳未満の小児。
(3)日常的に不眠の人。
(4)不眠症の診断を受けた人。
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他の催眠鎮静薬,かぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮咳去痰薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等)
3.服用後,乗物または機械類の運転操作をしないでください。
(眠気等をもよおして事故を起こすことがあります。また,本剤の服用により,翌日まで眠気が続いたり,だるさを感じる場合は,これらの症状が消えるまで,乗物または機械類の運転操作をしないでください。)
4.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
5.服用前後は飲酒しないでください。
6.寝つきが悪い時や眠りが浅い時のみの服用にとどめ,連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)高齢者。(高齢者では眠気が強くあらわれたり,また,反対に神経が高ぶるなどの症状があらわれることがあります。)
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の症状のある人。
排尿困難
(5)次の診断を受けた人。
緑内障,前立腺肥大
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃痛,吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい,頭痛,起床時の頭重感,昼間の眠気,気分不快,神経過敏,一時的な意識障害(注意力の低下,ねぼけ様症状,判断力の低下,言動の異常等)
循環器:動悸
泌尿器:排尿困難
その他:倦怠感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強がみられた場合には,服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
口のかわき,下痢
4.2?3回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
その他の注意
■その他の注意
翌日まで眠気が続いたり,だるさを感じることがあります。

リポスミンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するために他の容器に入れかえないでください。
(4)箱の「開封年月日」記入欄に,開封した日付を記入し,この文書とともに箱に入れたまま保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

リポスミンに効果効能が似た薬

リポスミンが気になる人向けのコラム

睡眠の質を上げるには「徐波睡眠」がカギ 疲れをためない眠り方

眠りの深さを左右するのは最初に訪れる深いノンレム睡眠。 睡眠は量だけでなく質も大切。良質の睡眠をとるためには、睡眠のゴールデンタイムである「徐波睡眠」に注目しました。 昼間眠い、ぐっすり眠った感じがしないなら睡眠不足かも 仕事や勉強... 続きを読む

不眠の症状と、今スグ実践したい快眠のコツを徹底解明!

放っておくと恐ろしい。睡眠不足が招く悪影響
睡眠不足は、人間の体に様々な悪影響をもたらします。たかが寝不足だと放っておくと、後々大変なことに。
毎日の体調管理には、睡眠時間をキープすることは欠かせないのです。


睡眠不足や睡眠... 続きを読む

なかなか寝付けない夜の対処法-快眠するためのポイント3つ

いま「眠れない人」が増えています。眠れない人に共通しているのは、残業などで帰宅時間が遅く、眠る時間が不規則だったり、仕事や生活で強いストレスを感じているなど、社会的な影響が強いことが特徴です。さらに眠れないことを気にしているとかえって緊張... 続きを読む

アレルギー薬の抗ヒスタミンが眠くなるのは嘘? ヒスタミン5つの働き

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー病の患者さんの場合、アレルギーの原因となる物質が体内に入ってくると、これを体にとって「異物」として攻撃するために、免疫を担う白血球を構成する肥満細胞(※)が反応します。
この反応で肥満細胞はヒスタ... 続きを読む

冬場によく眠れない人の快眠術-眠りにちょうど良い室温は何度?

暖房の普及で、冬は寒くて眠れない、などということはほとんどなくなったでしょうが、一部の人、例えば冷え性の人などにとっては歓迎されない季節かもしれません。冬でも“春眠”なみの快適な眠りを確保するには、この季節なりの工夫が必要です。
まず... 続きを読む