分消湯エキス細粒G「コタロー」の効能・用量・副作用など

分消湯エキス細粒G「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 分消湯(実脾飲)
形状 散剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

分消湯エキス細粒G「コタロー」の特徴

分消湯エキス細粒G「コタロー」は,身体に水がたまって,むくんだり,腹部が張ったように感じる時に用いる漢方薬です。そんな時に,西洋医学では腎臓にトラブルが起きていると考えて,一般的には利尿剤を用いて治療します。
このタイプの浮腫は,勢いがあって,圧迫した凹みがすぐ元に戻るもの(実腫)です。むくんでいる時は,みぞおちがつかえて,大小便が少ない傾向にあり,少し食べても腹が張って苦しいという方に適しています。

分消湯エキス細粒G「コタロー」の効能効果

体力中等度以上で,尿量が少なくて,ときにみぞおちがつかえて便秘の傾向のあるものの次の諸症:むくみ,排尿困難,腹部膨満感

分消湯エキス細粒G「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または1.5g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または1.0g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または0.75g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包または0.5g:3回
2歳未満:1/4包または0.37g:3回
(大入り剤に添付のサジは,大が1.0g,小が0.1gの計量用となっております)
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

分消湯エキス細粒G「コタロー」の成分分量

3包(4.5g)中
水製エキス 3.6g (ソウジュツ・ビャクジュツ・ブクリョウ各2g,チンピ・コウボク・コウブシ・チョレイ・タクシャ各1.6g,キジツ・ダイフクヒ・シュクシャ・モッコウ・ショウキョウ・トウシンソウ各0.8g)
(添加物)
含水二酸化ケイ素,ステアリン酸マグネシウム

分消湯エキス細粒G「コタロー」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

分消湯エキス細粒G「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。(大入り剤のみ)

分消湯エキス細粒G「コタロー」が気になる人向けのコラム

みぞおちの辺りが痛い 激しい痛みor鈍痛? 痛むのは真ん中・右・左?

お腹の上の部分、みぞおちあたりの痛み。胃痛?
それとも、ほかの病気?
どんな痛みがどの位置で起こったかで、疑われる病気がある程度わかります。自分の症状と照らし合わせてみましょう。 腹痛には重篤な病気の前兆かも お腹の上部には、特に重要... 続きを読む

子宮筋腫の予防法 好みの食べ物によってなりやすさは変わるの?

女性なら誰もが発症する可能性の高い子宮筋腫。命を左右する病気ではないけれど、できるだけ関わらずにいたいもの。子宮筋腫の予防法について、ドクターに教えてもらいました。 西洋医学では子宮筋腫の予防法はなし 筋腫の発生のメカニズムは明らか... 続きを読む

誰でも簡単!リンパマッサージでむくみ解消

「リンパ」っていったい何?
「リンパマッサージ」という言葉はよく聞きますが、そもそも「リンパ」とはいったい何なのでしょうか?


ヒトの体の中には血管のほかにもリンパ管が全身に広がっています。全身の組織中の細胞と細胞との間の組織... 続きを読む

鉄分

不足が許されないミネラルの一つで、赤血球のヘモグロビンを構成する主成分です。筋肉中のミオグロビン(ヘモグロビンに似たたんぱく質)というエネルギー源になる物質の成分としても使われます。 「血液中の赤血球は呼吸で取り入れた酸素を全身に運びます... 続きを読む

イチョウ葉エキス

秋に扇形の葉が黄色く色づき、銀杏の実をつけるイチョウ。その葉から抽出した成分が、イチョウ葉エキスです。 「イチョウは、中国が原産の現存する最古の植物です。日本には仏教の伝来に伴って入ってきて、各地の寺院に植えられ、広まりました。種子である... 続きを読む