ビタミンC錠KKの効能・用量・副作用など

ビタミンC錠KKの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンC主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 日本ビタミン化学
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ビタミンC錠KKの特徴

ビタミンCは,生理的に重要な働きをする水溶性のビタミンの1つです。人間においては,体内においてビタミンCを作ることができないため,食品や医薬品から摂取することが必要です。
ビタミンC錠KKは,6錠(1日量)中に2,000mgのビタミンCを含有した製品です。

ビタミンC錠KKの効能効果

次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,老年期。
次の諸症状※の緩和:しみ,そばかす,日焼け・かぶれによる色素沈着。
次の場合※の出血予防:歯ぐきからの出血,鼻出血

ビタミンC錠KKの用法用量

次の量を食後に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2錠:3回
7歳以上15歳未満:1錠:3回
(用法関連注意)
(1)用法及び用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)本剤は7歳未満の乳児・幼児・小児には服用させないでください。

ビタミンC錠KKの成分分量

6錠中
ビタミンC 2000mg (アスコルビン酸1000mg,L-アスコルビン酸ナトリウム1124.79mg)
リボフラビン 4mg
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム,乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース

ビタミンC錠KKの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ビタミンC錠KKの保管上の注意

(1)直射日光の当らない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)水分が錠剤に付きますと,錠剤表面が変色したり,亀裂を生じたりすることがありますので,ぬれた手で触ったり,水滴を落としたりしないでください。
(5)ビンの中の詰め物は,輸送中に錠剤が破損するのを防止するために入れてありますので,キャップをあけた後は必ず捨ててください。
(6)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(7)使用期限(外箱及びラベルに記載)をすぎた製品は服用しないでください。なお,使用期限内であっても開封後は品質保持の点からなるべく早く服用してください。

ビタミンC錠KKが気になる人向けのコラム

シミ、肝斑、そばかすをセルフケアで無くそう

シミにも種類がある
女性にとって老けて見えたり、不健康に見えたりする「シミ」は本当に無くなってほしいですし、できるだけ作りたくないものですよね。ただ、単にシミと言っても、様々な種類があるのをご存知でしょうか。大きく分けて「肝斑」と「そば... 続きを読む

「シミ・そばかす」はもう隠さなくて大丈夫! L-システインの効果とは?

最近、シミやそばかすが気になるという人に。美容ライターの間でも人気の高い、エスエス製薬の「ハイチオール」シリーズから、飲んで内側からシミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオールCホワイティア」が新発売になりました。 ハイチオールCホワイ... 続きを読む

みかんの健康効果とは-ビタミンCだけではないみかんの抗酸化作用

「こたつでみかん」は、日本の冬の団らんの原風景みたいなもの。生活様式が洋風化されても、暖房の効いた部屋でみかんを楽しむ光景は日本中どこでも見ることができるでしょう。
冬のみかんとは、すなわち「温州(うんしゅう)みかん」のこと。おいしい... 続きを読む

美肌をつくるコラーゲン-ビタミンCと一緒に摂ると効果的な理由

コラーゲンといえば美肌!?
コラーゲンを主成分に「お肌のハリを保ちしわを防ぐ」とうたった化粧品や健康食品が数多く市販されていますから、みなさんよくご存じですね。でも、その効果は美肌づくりだけではなく、骨や目の老化も防ぐことを知っていました... 続きを読む

あなたは大丈夫?歯周病が分かる10個のチェックポイント

歯周病は、歯ぐき(歯肉)など歯を支える歯周組織が歯周病菌による炎症で徐々に破壊されていく病気の総称で、成人の抜歯原因の第1位です。虫歯と違って痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見た目でも進行がわかりにくいため、気がつかないうちに抜歯が必要... 続きを読む