ペアアクネリキッド治療薬の効能・用量・副作用など

ペアアクネリキッド治療薬の基本情報

ペアアクネリキッド治療薬

ペアアクネリキッド治療薬

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 化膿性疾患用薬
形状 液剤
製造販売会社 ライオン
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ペアアクネリキッド治療薬の特徴

「ペアアクネリキッド治療薬」は,3つの有効成分処方で,硬くなった角質をやわらかくして,出来はじめからニキビを治療する医薬品です。

ペアアクネリキッド治療薬の効能効果

にきび

ペアアクネリキッド治療薬の用法用量

1日2回(朝・晩),コットン,脱脂綿,ガーゼ等に適量をとり,肌にしばらくの間(2?3分間)押し当ててください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)1回の使用量はコットン等がしっかりとぬれるくらい(薬液がたれない程度)が目安です。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)目に入らないようご注意ください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(5)外用にのみ使用してください。

ペアアクネリキッド治療薬の成分分量

分量
サリチル酸 0.005
イソプロピルメチルフェノール 0.003
アラントイン 0.002
(添加物)
1,3-ブチレングリコール,グリセリン,ラウロマクロゴール,マクロゴール,クエン酸ナトリウム,エタノール

ペアアクネリキッド治療薬の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の部位には使用しないでください
目や目の周囲
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)患部が広範囲の人。
(4)湿潤やただれのひどい人。
(5)深い傷やひどいやけどの人。
(6)硬結(硬いしこり)のある重症の人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.2週間位使用しても症状がよくならない場合や,本剤の使用により症状が悪化した場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
4.その他
(1)本剤は傷口があると,しみる,ヒリヒリする等の一過性の刺激があらわれることがあります。
刺激が気になる場合は,使用を中止してください。
(2)本剤の使用により,皮膚が多少乾燥したり,赤みがさしたりすることがあります。
そのときは使用を一時中止してください。再び使用するときは間隔をあけて使用してください。

ペアアクネリキッド治療薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても一度開封した後は,なるべく早くご使用ください。
(5)家具,床などにつかないようにご注意ください(材質によっては変色することがあります。)。
(6)火気に近づけないでください。

ペアアクネリキッド治療薬が気になる人向けのコラム

がん保険の基礎知識とメリット・デメリット

がんとの治療法
【がんの3大治療方法】
・手術療法
手術でがんの出来た所を切除する方法です。完治しやすい治療方法です。最近は内視鏡による腹腔鏡下手術、胸腔鏡下手術などがあります。
・化学(薬物)療法
主に抗がん剤によって... 続きを読む

若い女性に多い「しゅさ様皮膚炎」 なりやすいタイプ・予防対策

あなたは、化粧品やヘアケア用品でかぶれやすいほうですか?
そんなとき、ステロイドの入った市販のかぶれ止め薬を使うこともあるでしょう。はじめは炎症が抑えられて湿疹はすぐに治りますが、使い続けるうちに赤ら顔になって、ニキビ状のブツブツができる... 続きを読む

ニキビができるメカニズム-予防する4つのポイント|処方薬の効能

ニキビなんて病気のうちに入らない――と考えていませんか。しかしニキビは、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という病名の、れっきとした皮膚の病気です。
自然に治ったり、生活習慣の改善や市販薬、ニキビ用化粧品などで治るケースもありますが... 続きを読む

ニキビのできる場所でからだの不調がわかるかも

ニキビは思春期と大人とでは違う

過剰な皮脂分泌により、ひたいやほお、あご、胸、背中などにあらわれる皮膚疾患で、男性ホルモンの影響によって思春期にできやすい。初期には、毛穴がふさがって皮脂がたまり、面ぽうという湿疹ができ、ここに細菌が... 続きを読む

意外と重要なフットケア-足の健康が心身の健康につながる

子どもから高齢者まで幅広い年代を対象に、足部や足爪に発生している問題に触れてきたこのシリーズも今回が最終回です。
超高齢社会の日本では、高齢者の転倒を予防し、健康を支援するとともに、いつまでも前向きに元気で活動してもらうことが重要です。... 続きを読む