ムヒHDの効能・用量・副作用など

ムヒHDの基本情報

ムヒHD

ムヒHD

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 池田模範堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ムヒHDの特徴

特長1:かゆみ止め成分と清涼感成分がすばやくかゆみを抑えます。
特長2:抗炎症成分(PVA)がかゆみの元となる炎症を鎮めます。
特長3:2つの修復促進成分(アラントイン,パンテノール)が荒れた皮ふ組織の修復を助け,かゆくなりにくくしていきます。
特長4:直接自分では確認しにくい頭皮の患部にピンポイントで塗れるので,手や髪の毛を汚さずしっかり塗布することができます。
特長5:べたつかない透明ローションで,サラッとしていますが,頭皮につけた時に目や耳にたれにくいよう適度な粘度を持たせています。
■PVAは,一般薬では効果の高いランクに分類されるステロイド成分です。患部ですぐれた抗炎症作用を発揮し,その後,低活性物質に変化します。そのため,ステロイド特有の副作用を起こしにくい特性を持っています。このような特性をアンテドラッグと呼びます。PVAは有効性と安全性のバランスにすぐれた成分です。

ムヒHDの効能効果

かゆみ,湿疹,皮膚炎,かぶれ,あせも,じんましん,虫さされ

ムヒHDの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。なお,本剤の使用開始目安年齢は生後6カ月以上です。
(2)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合には,すぐに大量の水又はぬるま湯で洗い,直ちにこの説明文書をもって眼科医の診療を受けてください。
(3)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。
(4)薬剤塗布後の患部をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないでください。

ムヒHDの成分分量

100g中
ジフェンヒドラミン塩酸塩 1g
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 0.15g
l-メントール 3.5g
アラントイン 0.2g
パンテノール 1g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
(添加物)
エデト酸ナトリウム,疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース,ポリビニルアルコール(部分けん化物),乳酸,乳酸ナトリウム,エタノール

ムヒHDの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください
(1)水痘(水ぼうそう),みずむし・たむし等又は化膿している患部。
(2)創傷面,目の周囲,粘膜等。
2.顔面には,広範囲に使用しないでください
3.長期連用しないでください(目安として顔面で2週間以内,その他の部位で4週間以内)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この説明文書をもって医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ
皮ふ(患部):みずむし・たむし等の白癬,にきび,化膿症状,持続的な刺激感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明文書をもって医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ムヒHDの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)火気に近づけないでください。
(5)液がたれないように注意して使用してください。
(6)次の物には付着しないように注意してください。(変質する場合があります。)
床や家具などの塗装面,メガネ,時計,アクセサリー類,プラスチック類,化繊製品,皮革製品,寝具等。
(7)使用期限(ケース底面及び容器底面に西暦年と月を記載)をすぎた製品は使用しないでください。
使用期限内であっても,品質保持の点から開封後はなるべく早く使用してください。
(8)液もれを防ぐためキャップをしっかり閉めてください。
(9)染めた髪につくと色落ちすることがあります。

ムヒHDが気になる人向けのコラム

ベランダでハーブを育てよう! 5つの注意点とハーブの効能

忙しい状態が続くと、心にゆとりを失いがちになります。自然に触れる機会の少ない都会では、なおさらですね。
自然は、たとえ小さな草花でも、四季の移り変わりなど私たちに多くのことを教えてくれます。実際に自分で育てた草花ならば、成長していく姿を... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

髪は健康のバロメーター 抜け毛やフケなどのトラブルの原因は?

夏は紫外線の関係で、髪にもダメージの多い季節です。ヘアトラブルに悩まされていませんか。
髪は見た目だけの問題ではありません。髪は健康をあらわすバロメーターでもあるのです。病気中や疲労時、体の栄養は生命維持に直接関わる脳や心臓に優先的にま... 続きを読む

切らない脳の外科的治療ガンマナイフとは?体への負担が少ない訳

ガンマナイフは正式には「定位的放射線手術」といい、頭部を囲むように設置したコバルト(Co60)線源から、脳の病変にガンマ線を集中的に照射する治療法です。
今年5月、この治療に1993年から取り組む東京女子医科大学脳神経センターで、ガンマ... 続きを読む