セルメディカALの効能・用量・副作用など

セルメディカALの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 一般点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 キョーリンリメディオ
販売会社 グレートアンドグランド
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

セルメディカALの特徴

近年,「目が充血する」,「目がかゆい」,「涙がでる」などの症状を訴える人が多くなっています。これは,スギなどの花粉やハウスダスト(室内塵),大気汚染などにより,アレルギー性眼疾患(いわゆる花粉症)が増加しているためです。
セルメディカALには,抗炎症剤をはじめ,抗ヒスタミン剤や血管収縮剤など,5種の有効成分が配合されていますので,それらの総合作用によりアレルギー性眼疾患の種々の不快な症状(目の充血,かゆみ等)を和らげます。

セルメディカALの効能効果

目のかゆみ,結膜充血,目の疲れ,眼病予防(水泳のあと,ほこりや汗が目に入ったときなど),紫外線その他の光線による眼炎(雪目など),眼瞼炎(まぶたのただれ),ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感,目のかすみ(目やにの多いときなど)

セルメディカALの用法用量

1日5?6回,1回2?3滴ずつ点眼してください。
(用法関連注意)
(1)過度に使用しますと,異常なまぶしさを感じたり,かえって充血を招くことがありますので,定められた用法・用量をよく守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)容器の先をまぶた,まつ毛に触れさせないでください。
容器の先がまぶたやまつ毛に触れますと,目やにや雑菌等のため,薬液が汚染または混濁することがありますので注意してください。また,混濁したものは使用しないでください。
(4)保存の状態によっては,成分の結晶が容器の先やキャップの内側に白くつくことがあります。その場合には清潔なガーゼ等で軽くふきとって使用してください。
(5)コンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(一旦レンズをはずしてから点眼してください)
(6)本剤は,点眼用にのみ使用してください。

セルメディカALの成分分量

15mL
塩酸テトラヒドロゾリン 0.00015
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.0003
アラントイン 0.001
グリチルリチン酸二カリウム 0.0025
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 0.005
(添加物)
エデト酸ナトリウム水和物,ホウ酸,ホウ砂,塩化ナトリウム,パラベン,l-メントール,d-ボルネオール

セルメディカALの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人。
緑内障
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ
3.次の場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)目のかすみが改善されない場合。
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合。

セルメディカALの保管上の注意

(1)使用後はキャップをしっかり締めて,直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。特に車のダッシュボードなど高温下に放置したものは,容器が変形して薬液が漏れたり,薬液の品質が劣化しているおそれがありますので,使用しないでください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないでください。
(4)汚染をさけるため,他の人と共用しないでください。
(5)使用期限(外箱に書いてあります)の過ぎたものは,使用しないでください。
(6)開封後はなるべく早く(2ヶ月以内に)使用してください。

セルメディカALが気になる人向けのコラム

舌下免疫療法

国民の4人に1人がかかっている花粉症。その画期的な治療法として注目されているのが「舌下免疫療法」です。
これまでの花粉症の治療法といえば、症状をやわらげる対症療法が中心。薬を飲んだり、鼻の粘膜を焼いて症状を抑える方法などがあります。舌... 続きを読む

目やまぶたの腫れ、ものもらいの対処方法

放置しがちな「ものもらい」の症状とは
たびたび、目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか?大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているというこ... 続きを読む

災害時への備えに必要なもの-帰宅困難や避難所生活への備えとは

昨年の3.11以降で人々を大きく驚かせたのは、東京大学地震研究所による首都直下型地震の警告ではないでしょうか。何しろ「4年以内にマグニチュード7クラスの発生確率が70%」というのですから……。
これがもし「4年後に」というのでしたら、... 続きを読む

ウルトラマラソン完走でわかった「走った翌日に疲れを残さない食べ物」

マラソン大会のシーズンたけなわ。エントリーした大会の出場を控えている人も多いのではないでしょうか。 秋風そよぐ中、全国各地で魅力的なコースを走るマラソンの楽しみは格別ですが、忘れてならないのがラン前後のケア。ぶっつけ本番の人はもちろん、... 続きを読む

花粉症対策は早めがベスト-花粉が飛んできてから飲むのでは遅い

花粉症の持病がある人には、憂うつな季節が近づいてきました。民間の気象予報会社の予想によると、一部の地域では2月上旬からスギ花粉が徐々に飛び始め、2月中旬になると飛散開始の地域が一気に拡大しそうだとか。
今季を特に憂うつなシーズンにしそ... 続きを読む