滋腎通耳湯エキス細粒G「コタロー」の効能・用量・副作用など

滋腎通耳湯エキス細粒G「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 散剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

滋腎通耳湯エキス細粒G「コタロー」の特徴

耳の異常は漢方では,腎の衰えととらえ,腎機能を高める漢方を用いて治療することが多いものです。現代人の感覚からすると,腎は体に溜まった余分な水分を排泄する働き(機能)と考えがちですが,漢方でいう腎はもっと広い意味を込めて理解しています。生命活動の原動力を提供する臓器であり,生殖・成長・発育にかかわると考えられています。
したがって,この機能が衰えると老化が早まり,老化現象としての耳鳴り,聴力低下などの耳の異常が発生すると考えます。この考えに基づいて用いられるのが滋腎通耳湯エキス細粒G「コタロー」です。

滋腎通耳湯エキス細粒G「コタロー」の効能効果

体力虚弱なものの次の諸症:耳鳴り,聴力低下,めまい

滋腎通耳湯エキス細粒G「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または2.0g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または1.3g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または1.0g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包または0.7g:3回
2歳未満:1/4包または0.5g:3回
(大入り剤に添付のサジは,すり切り一杯で0.6gです)
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

滋腎通耳湯エキス細粒G「コタロー」の成分分量

3包(6g)中
水製エキス 4.6g (トウキ・センキュウ・シャクヤク・チモ・ジオウ・オウバク・ビャクシ・オウゴン・サイコ・コウブシ各2g)
(添加物)
含水二酸化ケイ素,ステアリン酸マグネシウム,アメ粉

滋腎通耳湯エキス細粒G「コタロー」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

滋腎通耳湯エキス細粒G「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(大入り剤のみ)

滋腎通耳湯エキス細粒G「コタロー」に効果効能が似た薬

滋腎通耳湯エキス細粒G「コタロー」が気になる人向けのコラム

ヘッドホンが難聴を招く3つの原因-ダメージを受けた聴力は治らない

最近の携帯音楽プレーヤーは、本当に高機能になりましたね。何百、何千曲と保存でき、長時間の連続使用も可能です。体を動かしても音がぶれないため、ジョギング中に聴いている人も見かけます。
でも、日常的にヘッドホンやイヤホン(以下、ヘッドホン)... 続きを読む

耳鳴りはなぜ起こるのか? 難聴が原因の可能性も|症状や治療法

耳鳴りに悩む方は少なくありません。周りで何も音がしていないのに耳の奥のほうでたびたび音が聞こえてくると、気になって仕事に集中できなかったり眠れなかったりと、日常生活にも影響が及ぶこともあります。
耳鳴りには、聴診器などでほかの人も聞く... 続きを読む

高齢者とのコミュニケーションが上手くいかない-大切なポイント

皆さんは毎日の暮らしの中で、高齢の方にどう接してよいか困った経験はありませんか?
まもなく人口の4人に1人が高齢者という時代が到来し、高齢者への対応や配慮がますます重要な時代がやってきます。今回は高齢者とのコミュニケーションのポイントをお... 続きを読む

脳の仕組みとはたらきとは? 各部位のはたらきと脳の病気について

血液を循環する、呼吸する、食べ物を消化する……これらを行うのはそれぞれを受け持つ器官ですが、コントロールするのは脳。見る、聞く、触る、味わう、嗅ぐ……これらをつかさどるのも脳。記憶する、考える、判断する、感動する……これらも脳の働き。 ... 続きを読む

健康診断で分かる病気ってなに? 毎年検診を受ける理由とは

今年4月から、40~74歳のすべての人を対象に、メタボリックシンドロームを早期に発見する新しい健診(特定健診)が始まります。
ところで、みなさんの中には「健康診断」というと、「何だか面倒くさい」とか「いまは健康だから別に受けなくてもい... 続きを読む