ストナのどスプレーの効能・用量・副作用など

ストナのどスプレーの基本情報

ストナのどスプレー

ストナのどスプレー

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 噴霧剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ストナのどスプレーの特徴

アズレンスルホン酸ナトリウム水和物がのどの炎症によるのどの痛みやはれを抑え,セチルピリジニウム塩化物水和物がのどの患部を殺菌します。
有効成分を直接のどに噴射塗布できます。
使いやすく,携帯に便利です。

ストナのどスプレーの効能効果

のどの炎症によるのどの痛み・のどのはれ・のどのあれ・のどの不快感・声がれ,口内炎

ストナのどスプレーの用法用量

1日数回,適量を患部に噴射塗布します。
(用法関連注意)
(1)のどの炎症の場合には,のどの患部に噴射口を向けて,軽く息をはきながら,1回3?4噴射・1日3?5回を目安として使用してください。
(2)定められた用法・用量を厳守してください。
(3)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
(4)小児に使用する場合には,保護者の指導監督のもとに使用してください。
(5)噴射塗布のみに使用し,内服しないでください。

ストナのどスプレーの成分分量

100mL中
アズレンスルホン酸ナトリウム水和物(水溶性アズレン) 20mg
セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC) 300mg
(添加物)
プロピレングリコール,グリセリン,ヒドロキシエチルセルロース,サッカリンNa,エタノール,リン酸水素Na,クエン酸,クエン酸Na,香料(l-メントールを含む)

ストナのどスプレーの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
口内のひどいただれ
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感,吐き気
3.使用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,使用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
口の刺激感
4.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ストナのどスプレーの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,湿気の少ない涼しい所にキャップをして保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)火気に近づけないでください。
(5)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。
(6)本剤使用後の一定時間は,呼気中に酒気帯び運転と判定される濃度以上のアルコール濃度が検出される可能性がありますので,運転中のご使用はお控えください。
(7)本剤は青紫色の透明な液体ですので,衣服につかないように注意してください。

ストナのどスプレーが気になる人向けのコラム

本当はコワい! 「ただの風邪」に潜む“大人の病気”

年齢とともに、なんだか風邪が治りにくくなったと感じていませんか? コンタック総合研究所の調べによると、2〜3日以内で風邪が完治する割合は年齢とともに低下、30〜40代になると6〜7日程度治らなかったり、1週間以上長引く人の割合が増える傾... 続きを読む

日常のイライラを解消する、アンガーマネジメント 5つのやり方

混雑した電車に乗り出勤、仕事でのトラブル、家事や育児で自分の時間がない……。誰もが日常生活でイライラしてしまうことはあるもの。そのイライラをエネルギーに変える、アンガーマネージメントのやり方を抜粋してご紹介します。 怒りをポジティブパ... 続きを読む

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

「ヨーグルト」が菌による膣の炎症に効果あり!

「カンジダ」とはどのような病気?

真菌(しんきん)(カビ)の一種であるカンジダは腟内の常在菌のひとつです。
カンジダが異常増殖することによって、外陰部の皮膚に症状を来す疾患を外陰カンジダ症といいます。通常、腟炎(ちつえん)を合併す... 続きを読む

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代... 続きを読む