マスチゲンBBゼリー錠の効能・用量・副作用など

マスチゲンBBゼリー錠の基本情報

マスチゲンBBゼリー錠

マスチゲンBBゼリー錠

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB2主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 大木製薬
販売会社 日本臓器製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

マスチゲンBBゼリー錠の特徴

コラーゲンづくり等を助ける4つのビタミン配合により,肌あれ・にきび・口内炎を内側から治します。ゼリーの錠剤ですから,水なしで,かんで服用できます。職場や学校でも手軽に服用していただける苦味のないグレープフルーツ味。低カロリー。
特長
1.水あめやカンテンを原料とした,ゼリーでつくった錠剤ですから,水なしで,かんで服用できます。
2.普通の錠剤を飲み込むのが苦手な方でも服用が簡単です。
3.お肌の真皮層を形成するコラーゲンづくりを助けるビタミンC,お肌や粘膜を正常な状態に保つビタミンB2・ビタミンB6配合により,肌あれ・にきび・口内炎を内側から治します。
4.疲れの栄養補給にも効果的です。
5.携帯しやすいアルミ袋包装。

マスチゲンBBゼリー錠の効能効果

次の諸症状※の緩和:肌あれ,にきび,口内炎,口角炎,口唇炎,かぶれ,ただれ,湿疹,皮膚炎,舌炎,赤鼻,目の充血,目のかゆみ。
次の場合のビタミンB2の補給:肉体疲労時,病中病後の体力低下時,妊娠・授乳期

マスチゲンBBゼリー錠の用法用量

7歳以上15歳未満1回1錠を1日2回(1日分7.5キロカロリー),15歳以上1回2錠を1日2回(1日分15キロカロリー),朝夕にかんで服用して下さい。
(用法関連注意)
1.かんで服用して下さい。
2.定められた用法・用量をお守り下さい。
3.小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

マスチゲンBBゼリー錠の成分分量

4錠中
アスコルビン酸 180mg
リボフラビン酪酸エステル 20mg
ピリドキシン塩酸塩 12mg
ニコチン酸アミド 40mg
(添加物)
水アメ,カンテン,白糖,ペクチン,エリスリトール,トコフェロール酢酸エステル,ポリソルベート80,香料,その他2成分

マスチゲンBBゼリー錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
消化器:胃部不快感,胃部膨満感,食欲不振,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

マスチゲンBBゼリー錠の保管上の注意

1.錠剤を袋から取り出したらすぐに服用して下さい。
2.直射日光の当たらない涼しい所にチャックを閉じて保管して下さい。
3.他の容器に入れ替えないで下さい(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)。
4.容器内に乾燥剤が入っています。誤って服用しないで下さい。
5.使用期限を過ぎた商品,使用前に開封された形跡のある商品は服用しないで下さい。
6.小児の手の届かない所に保管して下さい。
〔40錠入りに記載〕
1.錠剤を缶から取り出したらすぐに服用して下さい。
2.直射日光の当たらない涼しい所にフタを閉めて保管して下さい。
3.他の容器に入れ替えないで下さい(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)。
4.容器内に乾燥剤が入っています。誤って服用しないで下さい。
5.使用期限を過ぎた商品,使用前に開封された形跡のある商品は服用しないで下さい。
6.小児の手の届かない所に保管して下さい。
7.容器内の詰め物は,輸送中の製剤破損防止用です。開栓後はお捨て下さい。
〔120錠入りに記載〕

マスチゲンBBゼリー錠に効果効能が似た薬

マスチゲンBBゼリー錠が気になる人向けのコラム

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

水飴でダイエット!甘いものが欲しい時に

水飴
ダイエット中に甘いものが欲しくなったら、水あめ使用です!甘いものを全部禁止と言わず、食べてしまいます。白砂糖に比べて、水あめは多糖類で、ゆっくり体内に吸収されます。そのためダイエットには向いているのです。そのまま食べてもいいですし... 続きを読む

ゼリーをダイエットに役立てよう!

ゼリー
ゼリーは、腹持ちが良く、カロリーが低めのものが多いので、ダイエットをするときに、大いに役立ってくれる、おすすめの食品です。
ダイエットだからといって、三食全部をゼリーにしてしまうのは、あまりおすすめできません。ストレスが過大に... 続きを読む

コラーゲン

コラーゲンは動物の皮や骨、軟骨に含まれるタンパク質の一種です。人間の体の20%がタンパク質でできていますが、その約3分の1をコラーゲンが占めています。ところが25歳を過ぎた頃から急速に減少し始め、さらには紫外線によるダメージや喫煙による悪... 続きを読む

美肌をつくるコラーゲン-ビタミンCと一緒に摂ると効果的な理由

コラーゲンといえば美肌!?
コラーゲンを主成分に「お肌のハリを保ちしわを防ぐ」とうたった化粧品や健康食品が数多く市販されていますから、みなさんよくご存じですね。でも、その効果は美肌づくりだけではなく、骨や目の老化も防ぐことを知っていました... 続きを読む