トフラックスHPクリームの効能・用量・副作用など

トフラックスHPクリームの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 しもやけ・あかぎれ用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 万協製薬
販売会社 京都薬品ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

トフラックスHPクリームの特徴

血行促進作用・抗炎症作用・保湿作用を持つ「ヘパリン類似物質」が,血流の循環を良くして,皮膚の再生を促進し,炎症による荒れた皮膚症状を鎮め,保湿作用により肌の防御機能を高めることで,気になる傷あとなどを改善していきます。

トフラックスHPクリームの効能効果

傷・火傷のあとの皮膚のしこり・つっぱり(顔面を除く),手指のあれ,ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症,手足のひび・あかぎれ,乾皮症,小児の乾燥性皮膚,しもやけ(ただれを除く),打ち身・捻挫後のはれ・筋肉痛・関節痛

トフラックスHPクリームの用法用量

1日1?数回,適量を患部にすりこむか,またはガーゼなどにのばして貼ってください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)本剤は外用にのみ使用してください。
※出血のある傷口には使用しないでください。(血が止まりにくくなることがあります。)
※顔面にある傷あと,やけどのあとには使用しないでください。

トフラックスHPクリームの成分分量

100g中
ヘパリン類似物質 0.3g
(添加物)
セタノール,ステアリルアルコール,ポリソルベート60,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油50,グリセリン,プロピレングリコール,パラオキシ安息香酸プロピル,パラオキシ安息香酸メチル,エデト酸ナトリウム水和物,白色ワセリン,流動パラフィン,ジメチルポリシロキサン,ミリスチン酸イソプロピル,カルボキシビニルポリマー,自己乳化型モノステアリン酸グリセリン,スクワラン,トリエタノールアミン

トフラックスHPクリームの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
1.次の人は使用しないでください。
出血性血液疾患(血友病,血小板減少症,紫斑病など)の人
2.次の部位には使用しないでください。
目や目の周囲,粘膜(口腔,鼻腔,膣など)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,紫斑
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。

トフラックスHPクリームの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。

トフラックスHPクリームが気になる人向けのコラム

2人目が欲しいけどなかなかできないのはなぜ? 『2人目不妊』の5大原因

第一子は自然に授かったものの、いざ第二子と思っていると、なかなかできない……。これを一般的に「2人目不妊」と呼びます。ほとんどの人は順調に妊娠できるのに、うちだけ?と悩んでいる人に、その原因について解説します。 生活習慣の変化も影響大 ... 続きを読む

乳がんのしこりをセルフチェック

乳がんの発症リスク

乳がんの発生や増殖には、女性ホルモンの1種であるエストロゲンが大きくかかわっていることが多いことがわかっています。わが国で乳がんが増えている背景には、食生活の変化や晩婚少子化、経口避妊薬の使用、閉経後のホルモン補... 続きを読む

ひざ上の肉のたるみは筋膜の癒着のせい? 簡単ストレッチで解消

ひざ上の肉をとるためには太ももの筋膜に注目することがポイント。 ひざ上がたるむのは太ももの筋肉が正しく使えていないから。まずは太ももの筋膜の癒着を解消することが大切です。 ひざ上のたるみは、太ももが正しく使えていない結果 私たちの身... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む

夏はエアコンによる肌の乾燥に注意! 正しい日焼け止めの選び方

もうしばらく梅雨が続きますが、梅雨が明けると季節は一気に夏本番へ突入します。すると肌は過剰な皮脂や汗によってニキビや湿疹が出やすくなり、スキンケアの関心は洗顔に向かい、保湿は手薄になりがちです。ところがそれが落とし穴。
通勤・通学、職... 続きを読む