ロート牛車腎気丸錠IIの効能・用量・副作用など

ロート牛車腎気丸錠IIの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 牛車腎気丸
形状 錠剤
製造販売会社 大峰堂薬品工業
販売会社 ロート製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 牛車腎気丸   

ロート牛車腎気丸錠IIの特徴

夜中に何度もトイレにいく,尿のキレが悪いなどの尿トラブルに効く

ロート牛車腎気丸錠IIの効能効果

体力中等度以下で,疲れやすくて,四肢が冷えやすく尿量減少し,むくみがあり,ときに口渇があるものの次の諸症:下肢痛,腰痛,しびれ,高齢者のかすみ目,かゆみ,排尿困難,頻尿,むくみ,高血圧に伴う随伴症状の改善(肩こり,頭重,耳鳴り)

ロート牛車腎気丸錠IIの用法用量

次の量を1日2回食前又は食間に,水又はお湯で服用すること。
成人(15才以上)…1回4錠
15才未満…服用しないこと
※食間とは,食後2?3時間を指す。
(用法関連注意)
用法・用量を厳守すること。

ロート牛車腎気丸錠IIの成分分量

8錠中
牛車腎気丸エキス(1/2量) 2400mg (ジオウ2.5g,サンシュユ・サンヤク・タクシャ・ブクリョウ・ボタンピ・ゴシツ・シャゼンシ各1.5g,ケイヒ・ブシ末各0.5g)
(添加物)
カルメロースカルシウム(CMC-Ca),無水ケイ酸,クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na),タルク,ステアリン酸マグネシウム,セルロース,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),マクロゴール,カルナウバロウ

ロート牛車腎気丸錠IIの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人
(5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,腹痛
その他:動悸,のぼせ,口唇・舌のしびれ
●まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ロート牛車腎気丸錠IIの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)湿気により,変色など品質に影響を与える場合があるので,ぬれた手で触れないこと。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。なお,使用期限内であっても一度開封した後は,なるべく早く使用すること。

ロート牛車腎気丸錠IIが気になる人向けのコラム

咳が治らない原因は「咳喘息」かも? 咳喘息の6つの症状とは

風邪は治ったはずなのに、咳(せき)がなかなか止まらず1カ月以上も続いている――こんな場合は「咳喘息(せきぜんそく)」という病気になっている疑いがあります。
咳喘息は、気管支の内側の粘膜に慢性的に炎症が起こっていて、ちょっとした刺激にも... 続きを読む

過活動膀胱(OAB)の診断法-まずは7つのセルフチェックから

2002年国際禁制学会(ICS)により、新たな疾患として認められた過活動膀胱(OAB)。その症状は、急に強い尿意が起こり、もれそうな感じになる「尿意切迫感」を中心として、トイレが近くなる「頻尿」や、我慢できずにもらしてしまう「尿失禁」など... 続きを読む

誰でも簡単!リンパマッサージでむくみ解消

「リンパ」っていったい何?
「リンパマッサージ」という言葉はよく聞きますが、そもそも「リンパ」とはいったい何なのでしょうか?


ヒトの体の中には血管のほかにもリンパ管が全身に広がっています。全身の組織中の細胞と細胞との間の組織... 続きを読む

Tシャツでそのままバタン、はNG。夜はパジャマで安眠

夜寝るときには何を着ていますか?Tシャツに短パン、あるいはスウェットといった部屋着で寝る人も多くみられます。でも、快眠のためにはパジャマで寝ることが望ましいのです。では、パジャマで寝ることには、どんな快眠の効果があるのでしょうか。 寝... 続きを読む

誰もが危険。寿命を縮める恐怖の「しびれ」

しびれのメカニズム
日常生活でまれに体がしびれることがありますが、この程度のしびれであれば隠れた病気の心配をする必要はありません。しびれは主に次のようなことが原因で起こります。


しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障... 続きを読む