大建中湯エキス細粒G「コタロー」の効能・用量・副作用など

大建中湯エキス細粒G「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 大建中湯
形状 散剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 大建中湯   

大建中湯エキス細粒G「コタロー」の特徴

冷たいものを取り過ぎたり,冷房の強い部屋に長時間いたりする訳ではないのに,お腹が冷えて,痛んだり,張ったり,時には吐き気を訴えたりする方がおられます。これらの症状は,お腹の環境が乱れ,緊張したり,弛緩したりする結果生じるお腹のトラブルです。
そのような時に応用されるのが,大建中湯エキス細粒G「コタロー」です。胃腸機能の低下で冷えに弱くなった方にも使われます。

大建中湯エキス細粒G「コタロー」の効能効果

体力虚弱で,腹が冷えて痛むものの次の諸症:下腹部痛,腹部膨満感

大建中湯エキス細粒G「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):2包または7.2g:3回
15歳未満7歳以上:1包と1/3包または4.8g:3回
7歳未満4歳以上:1包または3.6g:3回
4歳未満2歳以上:2/3包または2.4g:3回
2歳未満:1/2包または1.8g:3回
(大入り剤に添付のサジは,大が1.0g,小が0.1gの計量用となっております)
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。
(3)本剤は1回服用量が多いため,薬剤がのどにつかえることのないよう一度に飲み込むことのできる量に調節して服用するなど,よく注意してください。

大建中湯エキス細粒G「コタロー」の成分分量

6包(21.6g)中
無コウイ大建中湯エキス(4/5量) 1.68g (サンショウ1.6g,ニンジン2.4g,カンキョウ4g)
コウイ 16g
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,乳糖水和物,プルラン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

大建中湯エキス細粒G「コタロー」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(4)次の診断を受けた人。
肝臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

大建中湯エキス細粒G「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(大入り剤のみ)

大建中湯エキス細粒G「コタロー」に効果効能が似た薬

大建中湯エキス細粒G「コタロー」が気になる人向けのコラム

腹八分目で抑える、腹八ダイエット

腹八
食事を摂るときに、腹八分目にすると、健康にも、経済的にもいいというのは、昔から言われていることです。しかし、実際にどれだけの効果があるのか、はっきり知っている人はいるのでしょうか?実は結構大きな効果があるんです。
腹八分目にする... 続きを読む

夏の冷えは女性の悩み-解消法と体の内側の「冷え」をチェック

女性は男性に比べ筋肉量が少なく、活動度が低いこと、月経前後のホルモンバランスの不調などから、一般に「冷え」の悩みは男性より女性に多く聞かれます。
「冷えと悩みに関する意識実態」の調査<花王(株)調べ>では、首都圏に住む10代~50代の... 続きを読む

熱中症は屋内にいてもなる? オフィスや家庭でも対策方法

昨年の夏は平均気温が観測史上最高、熱中症で救急搬送された人の数も過去最高という記録的な猛暑でした。今年は、梅雨も明けないうちから猛暑日を記録するなど、6月の暑さは昨年以上で、その後も暑い日が続いています。東日本大震災による電力不足対策で節... 続きを読む

日本の暑い夏を乗り切る知恵-昔ながらの日本の風習を見直そう

蒸し暑い日本の夏。冷房をかけて部屋でグッタリしているという、いつものパターンに陥りがちではないですか?
今年の夏はすこし趣きをかえて、「ジャパニーズ・スタイル」を取り入れてみませんか?
昔の人の、夏を快適に過ごすアイデアは、日本の風土... 続きを読む

片頭痛のしくみ-引き金が分かれば予防できる? 危険な頭痛の症状

「ああ、また来た」と思えるくらい、慢性的に片頭痛に悩まされている人は、とくに20~40代の女性に多いそうです。頭痛が起これば、薬を飲んでしばらくは安静にしていなければなりません。
片頭痛の典型的な症状は、1.頭の片側がズキンズキンと強... 続きを読む