清上けん痛湯エキス細粒G「コタロー」の効能・用量・副作用など

清上けん痛湯エキス細粒G「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 清上けん痛湯(駆風触痛湯)
形状 散剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

清上けん痛湯エキス細粒G「コタロー」の特徴

日常生活の中で困るのが頭痛です。慢性化すると表情まで暗くなり,厄介なものです。その原因はいろいろあり,なかなか特定できません。また,最近多くなっているのが顔面痛です。原因不明の三叉神経痛が多いのですが,虫歯や副鼻腔炎から誘発される顔面の痛み,帯状疱疹後神経痛のように三叉神経に沿って痛みが出るもの,外傷後の顔面痛がありますが,特に突発的に起こる顔面痛はQOL(生活の質)を著しく低下させます。
そのような時に応用されるのが,清上けん痛湯エキス細粒G「コタロー」です。漢方では,頭痛(頭部の痛み)薬に位置付けられており,痛みをとる作用が強く,痛みで高ぶった気分を鎮めてくれます。

清上けん痛湯エキス細粒G「コタロー」の効能効果

体力に関わらず使用でき,慢性化した痛みのあるものの次の諸症:頭痛,顔面痛

清上けん痛湯エキス細粒G「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または2.2g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または1.5g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または1.1g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包または0.7g:3回
2歳未満:1/4包または0.6g:3回
(大入り剤に添付のサジは,大が1.0g,小が0.1gの計量用となっております)
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

清上けん痛湯エキス細粒G「コタロー」の成分分量

3包(6.6g)中
水製エキス 5.4g (バクモンドウ・キョウカツ・ドクカツ・ボウフウ・ソウジュツ・トウキ・センキュウ・ビャクシ各2g,オウゴン2.4g,マンケイシ・キクカ各1.2g,サイシン・カンゾウ・ショウキョウ各0.8g)
(添加物)
含水二酸化ケイ素,ステアリン酸マグネシウム

清上けん痛湯エキス細粒G「コタロー」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

清上けん痛湯エキス細粒G「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(大入り剤のみ)

清上けん痛湯エキス細粒G「コタロー」に効果効能が似た薬

清上けん痛湯エキス細粒G「コタロー」が気になる人向けのコラム

歯の黄ばみを取るならどっち? 2種類のホワイトニンング方法

「芸能人は歯がいのち」というテレビのCMが話題になったことがありますが、近年、美容的な目的で歯を白くしたいという人たちが増えてきました。虫歯のない、歯並びのきれいな白い歯は、大きなチャームポイントになります。
アメリカでは、15年ほど前... 続きを読む

便秘なしの腸美人がやっている6つの習慣-食事・運動・休養

うさぎのフンのようなコロコロとした便が出たり、おなかが張って苦しい便秘。多くの人が一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
実は、便秘には明確な定義がありません。一般的には、数日に1回程度しか排便がないときに便秘ということが多い... 続きを読む

甘い砂糖が虫歯をまねくのは本当?正しいオーラルケアを知って

虫歯や歯周病にかかると、痛みや苦痛に加えて、病院に通う手間や費用なども大変です。正しい歯の磨き方など、事前にケアの方法を知っておき、毎日こまめに実践して予防したいものです。
まず、意外に知られていない虫歯の原因からお話ししましょう。 ... 続きを読む

慢性的な頭痛だと諦めていませんか?【イケメン脳神経外科医が語る健美ライフのすすめ】

心臓と同じリズムでこめかみがズキンズキンしたり、頭をギューッと締め付けられるように痛んだり、不意の頭痛には思わず眉根に力が入ってしまいます。軽度の頭痛なら市販薬で一時的にしのぐこともできますが、出来ればそもそも頭痛が起こらないようにした... 続きを読む

歯の構造と役割とは? 健康な歯を維持するために必要なこと

私たちの生命維持に不可欠な「食べる」という行為。それを支えているのは、歯です。上下合わせて28本、人によっては32本(第3大臼歯=だいさんだいきゅうし、いわゆる親知らずが4本生えてくる人もいる)あって、口に入れた食物を前歯の切歯(せっし)... 続きを読む