口内炎軟膏大正Aの効能・用量・副作用など

口内炎軟膏大正Aの基本情報

口内炎軟膏大正A

口内炎軟膏大正A

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口内炎用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 大正製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

口内炎軟膏大正Aの特徴

◆口内炎軟膏大正Aは,口内炎・口角炎などの治療を目的として開発した軟膏です。患部への密着性が良く,口腔内であっても長時間患部を覆います。

口内炎軟膏大正Aの効能効果

口内炎,舌炎,口唇のひびわれ,口唇のただれ,口唇炎,口角炎

口内炎軟膏大正Aの用法用量

患部に,適量を1日2?4回塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)患部やその周囲が汚れたまま使用しないでください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
(4)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(5)口内又は口唇にのみ使用してください。
(6)同じ部位に他の外用剤との併用は避けてください。

口内炎軟膏大正Aの成分分量

100g中
セチルピリジニウム塩化物水和物 0.1g
アラントイン 0.5g
(添加物)
キシリトール,カルボキシビニルポリマー,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),ゲル化炭化水素,香料,l-メントール

口内炎軟膏大正Aの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください
ただれのひどい患部。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)乳幼児。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚・口腔:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

口内炎軟膏大正Aの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後はなるべくはやく使用してください。(品質保持のため)

口内炎軟膏大正Aが気になる人向けのコラム

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む

口唇ヘルペス-紫外線の浴びすぎで再発?赤ちゃんや病人との接触に注意

くちびるによく水ぶくれができるという方はいませんか?
それはもしかしたら、口唇ヘルペスかもしれません。こういう人は、海や山へ出かけたりして紫外線にさらされやすい夏は、特に気をつける必要があります。
口唇ヘルペスはくちびるや口の周りに小さ... 続きを読む

舌の色や形で健康状態が分かる-色・形・舌苔で健康チェック!

鏡に向かって、あ~んと口を開き、自分の舌を見てみましょう。どんな色、形をしていますか?
舌はからだの情報の宝庫。舌には血液がたくさん集まっているために、血液や体液の質およびその過不足が見てとれ、体調などがよくわかります。東洋医学でも、患者... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。
帯状疱疹は、激しい痛... 続きを読む