DHC 液体絆創膏の効能・用量・副作用など

DHC 液体絆創膏の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の外皮用薬
形状 液剤
製造販売会社 ディーエイチシー
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

DHC 液体絆創膏の特徴

DHC液体絆創膏は患部に塗ると水に濡れてもはがれにくい薄い膜を形成し,傷口をホコリやバイ菌から守ります。

DHC 液体絆創膏の効能効果

ひび,あかぎれ,さかむけ,小切傷,すり傷

DHC 液体絆創膏の用法用量

患部を清潔にし,傷部のみに適量を塗り,そのまま静かに乾燥させてください。
(用法関連注意)
1.目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
2.小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
3.外用にのみ使用してください。
4.患部やその周辺が汚れたまま使用しないでください。
5.傷口以外に広く塗らないでください。(皮膚呼吸を抑えてしまう場合があります。)
6.傷に塗ったとき,一瞬しみますが,乾燥するとしみなくなります。
7.患部が汗や水で濡れている場合は水分をよく拭き取ってから使用してください。
8.固まった皮膜を無理に剥がそうとすると,皮膚を傷つけてしまう可能性がありますので充分気を付けてください。

DHC 液体絆創膏の成分分量

100g中
ピロキシリン 12g
(添加物)
dl-カンフル,ヒマシ油,ミリスチン酸イソプロピル,酢酸エチル,エタノール

DHC 液体絆創膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
次の部位には使用しないでください。
(1)ただれ,化膿している患部。
(2)目や目の周囲,粘膜。(例えば,口腔,鼻腔,膣など。)
(3)大きなきず,深いきず,湿疹および出血している患部。
(4)顔面,頭部。
(5)ひげそり,除毛,脱毛,脱色等により傷んだ皮膚。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,熱感

DHC 液体絆創膏の保管上の注意

1.直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(密栓しないと薬剤が固まる恐れがあります。)
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
4.火気に近づけないでください。
5.誤飲(指をしゃぶるなど)の恐れがある場合は使用しないでください。
6.使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
7.衣類,家具,床等につくと,非常に取れにくく,色調に変化をきたす恐れがありますので,使用するときは充分に注意してください。

DHC 液体絆創膏に効果効能が似た薬

DHC 液体絆創膏が気になる人向けのコラム

すりごまふりかけダイエットとは

すりごまふりかけ
すりごまふりかけダイエットとは、ごはんの上に、すったごまをふりかけて食べるダイエットです。スプーン1杯のすりごまをごはんにかけるだけなので楽ちんなダイエットです。楽なだけではなく、ごまは抗酸化成分が豊富で健康食品として... 続きを読む

おたね人参

「オタネニンジン」、「御種人参」とも表記しますが、一般的には「朝鮮人参」または「高麗人参」といわれているものです。中国の山間部や朝鮮半島に自生するウコギ科の植物で、日本には朝鮮経由で渡来したので、朝鮮人参という通称が定着しました。
江戸時... 続きを読む

マルチミネラル

狭義には「多くの」「複数の」ミネラルということですが、栄養学的にはビタミンと一括りで考えたほうが実際的です。
というのも、ミネラルはカロリー、つまりタンパク質・炭水化物(糖質)・脂質の三大栄養素が体内で十分に働くために、ビタミンと共に必... 続きを読む

植物ステロール

「植物ステロール」と聞いて、コレステロールと似ている、と思った人も多いのでは?名前だけでなく、植物ステロールは、コレステロールととても似た構造をしています。 「『植物ステロール』は、植物の細胞を構成する成分のひとつ。これに対し動物由来のも... 続きを読む

軽いケガなら消毒やガーゼはいらない? ケガの治療の新常識

「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?
ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥さ... 続きを読む