ラパールBBプラスの効能・用量・副作用など

ラパールBBプラスの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB2主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 中外医薬生産
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ラパールBBプラスの特徴

肌あれ,にきび,口内炎などの症状は,外部要因によって起こるよりも,多くの場合内部要因(例えばストレス,偏食,酒の飲みすぎ,食生活における脂肪摂取量の増加,不規則な生活)によって起こりやすくなります。
ラパールBBプラスは皮膚のビタミンとも呼ばれている持続型ビタミンB2をはじめ,ビタミンB6,ビタミンB1,ニコチン酸アミド,パントテン酸カルシウムの水溶性ビタミン群,さらに昔から民間薬として肌あれに使われているヨクイニン(ハトムギ)のエキスを効率良く配合した,体の内側から改善する薬です。
毎日根気よくお続けください。

ラパールBBプラスの効能効果

次の諸症状※の緩和:肌あれ,にきび,口内炎,口角炎,口唇炎,舌炎,皮膚炎,湿疹,かぶれ,ただれ,目の充血,目のかゆみ,赤鼻。
次の場合のビタミンB2の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

ラパールBBプラスの用法用量

次の量を朝夕に水又はお湯で服用してください。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1錠:2回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
用法・用量を厳守すること。

ラパールBBプラスの成分分量

2錠中
リボフラビン酪酸エステル 20mg
ピリドキシン塩酸塩 50mg
ヨクイニンエキス 115.4mg (ヨクイニン1500mg)
ニコチン酸アミド 40mg
パントテン酸カルシウム 20mg
チアミン硝化物 20mg
(添加物)
乳酸Ca,ヒドロキシプロピルセルロース,セルロース,ステアリン酸Mg,セラック,白糖,アラビアゴム,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール,黄色5号,タルク,酸化チタン,カルナウバロウ

ラパールBBプラスの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感,胃部膨満感,食欲不振,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

ラパールBBプラスの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる。)。
(4)本剤は落下などの衝撃で錠剤がカケることがあるので,取扱いには注意すること。
(5)ぬれた手で取扱わないこと(本剤は糖衣錠のため,水分が錠剤につくと,表面の糖衣が一部とけて,変色又はむらを生じることがある。)。
(6)容器内の詰め物は,輸送中の錠剤破損防止用であるため,開封後は取り除くこと。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
(8)開封後は,箱の内ブタの「開封年月日」欄に開封日を記入し,薬は説明文書とともに保管すること。

ラパールBBプラスが気になる人向けのコラム

高温多湿になる梅雨時は水虫に注意! 水虫にならない習慣とは

“おじさんの病気”というイメージがある水虫ですが、最近では女性の水虫患者が増えています。その原因は、冬のブーツにありました。
水虫は、カビの一種である“白癬菌”(はくせんきん)による感染症で、放っておくと1年中生きつづけています。カビは... 続きを読む

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

不整脈ってどんな症状? 危険な不整脈、不整脈の治療とは?

心臓は休むことなく収縮と拡張を繰り返し、全身に血液を循環させるポンプの働きをしています。心臓の筋肉(心筋)が収縮して血液を動脈中に押し出し、拡張して静脈から血液を受け入れるという運動が、規則正しく一定のリズムでくり返されているのです。この... 続きを読む

舌の色や形で健康状態が分かる-色・形・舌苔で健康チェック!

鏡に向かって、あ~んと口を開き、自分の舌を見てみましょう。どんな色、形をしていますか?
舌はからだの情報の宝庫。舌には血液がたくさん集まっているために、血液や体液の質およびその過不足が見てとれ、体調などがよくわかります。東洋医学でも、患者... 続きを読む

うつ病に似ている「職場不適応症」とは-出勤前の抑うつがサイン?

近年「職場不適応症」が急増しています。「職場不適応症」は、「新型うつ」という呼び名でメディアなどでは紹介されていますが、国際分類では「適応障害」に相当します。
適応障害とは、生活上の負担や環境にうまく適応できず、心身にさまざまな症状が表... 続きを読む