ロートデジアイの効能・用量・副作用など

ロートデジアイの基本情報

ロートデジアイ

ロートデジアイ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 一般点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 ロート製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ロートデジアイの特徴

■ブルーライトダメージに効く

ブルーライトダメージとは
●光の散乱による目の疲れ
●スマホ,PC画面を長時間見続けることで生じる,乾燥などによる目の疲れ,炎症
有効成分を最大濃度配合※
○ネオスチグミンメチル硫酸塩:ピント調節筋に作用して疲れを改善する
○活性型ビタミンB2:角膜の組織代謝を促進し,修復を促す
※一般用眼科用薬製造承認基準の最大濃度配合

ロートデジアイの効能効果

目の疲れ,紫外線その他の光線による眼炎(雪目など),結膜充血,眼瞼炎(まぶたのただれ),目のかすみ(目やにの多いときなど),ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感,眼病予防(水泳のあと,ほこりや汗が目に入ったときなど),目のかゆみ

ロートデジアイの用法用量

1回1?2滴,1日5?6回点眼してください。
(用法関連注意)
(1)過度に使用すると,異常なまぶしさを感じたりかえって充血を招くことがありますので用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)容器の先を目やまぶた,まつ毛に触れさせないでください。〔汚染や異物混入(目やにやほこり等)の原因となる〕また,混濁したものは使用しないでください。
(4)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(5)点眼用にのみ使用してください。

ロートデジアイの成分分量

成分
フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム 0.0005
ネオスチグミンメチル硫酸塩 0.00005
ナファゾリン塩酸塩 0.00003
アミノエチルスルホン酸(タウリン) 0.01
L-アスパラギン酸カリウム 0.01
ピリドキシン塩酸塩 0.001
(添加物)
ホウ酸,ホウ砂,l-メントール,ユーカリ油,d-カンフル,d-ボルネオール,ゲラニオール,ベンザルコニウム塩化物,クロロブタノール,エデト酸ナトリウム,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,エタノール

ロートデジアイの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人…はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人…緑内障
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ,しみて痛い
3.次の場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)目のかすみが改善されない場合
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

ロートデジアイの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。品質を保持するため,自動車内や暖房器具の近くなど高温の場所(40℃以上)に放置しないでください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても一度開封した後は,保管及び取扱い上の注意に従い,1?2ヶ月を目安にご使用ください。
(6)保存の状態によっては,成分の結晶が容器の先やキャップの内側につくことがあります。その場合には清潔なガーゼ等で軽くふきとってご使用ください。
(7)容器に他の物を入れて使用しないでください。
※薬剤の黄色は,フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム(活性型ビタミンB2)の色です。
衣服についた場合,多少,落ちにくいかと思われます。あらかじめご注意ください。

ロートデジアイに効果効能が似た薬

ロートデジアイが気になる人向けのコラム

【スマホうつ】になりやすいスマホの使い方 ワースト3

最近、イライラしたり、原因のわからない不安感が続くといったココロの不調がありませんか?
あなたがスマホユーザーで、1日2時間以上スマホをいじっているなら、それは「スマホうつ」かもしれません。 首のコリからくる「スマホうつ」 「スマホ... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む

鉄欠乏性貧血の予防は3度の食事が大事-鉄分と一緒に摂りたい栄養素

ちょっと階段を上っただけで息切れがしたり心臓がドキドキする。めまいや頭痛がする。疲れやすい。イライラして物事に集中できない。こんな症状は、もしかしたら鉄欠乏性貧血が原因かもしれません。
鉄欠乏性貧血は、いろいろなタイプの貧血の中でも最... 続きを読む

夜のスマホは自律神経を乱して冷えの原因に!? 疲れ目の解消法

夜のスマホは自律神経を乱し冷えの原因に。ベッドにスマホは持ちこまず、ぐっすり眠って冷えを撃退 目と冷えには深い関係がある 新しい人間関係が増え、ついついSNSに夢中になりがちなこの季節。寝る寸前までベッドでスマホをチェックしていませ... 続きを読む

春から始めたい紫外線対策-おすすめの日焼け止めの選び方

紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽?
それとも日焼けした肌?
紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も多くなります。4月ごろから増えはじめますから、5月のよく晴れた日などは要注意です。真夏の7月、8月ともなると、大な... 続きを読む