ホワイトC錠の効能・用量・副作用など

ホワイトC錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 タンパク・アミノ酸主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 協同薬品工業
販売会社 三昧生活
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ホワイトC錠の特徴

●L-システインが代謝を助けることで,しみなどの色素沈着,全身倦怠(疲れ,だるさ),二日酔に効果を発揮する医薬品です。
●肌の新陳代謝(ターンオーバー)を助けるL-システイン,皮膚の色素沈着を防ぐビタミンC,肌細胞の生まれ変わりを助けるパントテン酸カルシウムの3つの成分を配合することにより,しみ・そばかすなどを緩和し,にきびや湿疹などの肌トラブルを改善します。
●小さくて飲みやすい白い糖衣錠です。

ホワイトC錠の効能効果

しみ・そばかす・日焼けなどの色素沈着症。全身倦怠。二日酔。にきび,湿疹,じんましん,かぶれ,くすりまけ

ホワイトC錠の用法用量

次の量を服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
15歳以上:2錠:1日3回
7歳?14歳:1錠:1日3回
7歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ホワイトC錠の成分分量

6錠中
L-システイン 240mg
アスコルビン酸 300mg
パントテン酸カルシウム 24mg
(添加物)
乳酸カルシウム,セルロース,部分アルファー化デンプン,ヒドロキシプロピルセルロース,無水ケイ酸,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),マクロゴール,白糖,炭酸カルシウム,タルク,アラビアゴム,酸化チタン,カルナウバロウ

ホワイトC錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹
消化器:吐き気・嘔吐,腹痛
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ホワイトC錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わります。)
(4)服用のつどキャップをよくしめてください。
(5)ビンの中の詰め物は,キャップをあけた後は捨ててください。
(詰め物は,輸送中の錠剤の破損を防ぐためのものです。)
(6)水分が錠剤に付くと,錠剤の品質に影響を与えることがあるので,誤って水滴を落としたり,ぬれた手で触れないでください。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ホワイトC錠が気になる人向けのコラム

胸元から悪臭? 自分では気づきにくい「チチガ」に注意! 改善法は?

「ワキガ」と同じように胸が臭う、「チチガ」を知っていますか。脇の臭いには気をつけていても、胸の臭いを気にしている人は少ないかもしれません。自分では気づいていなくても、「チチガ」かもしれないのです。 「ワキガ」と同じアポクリン腺からの排... 続きを読む

デブ菌までわかる! 郵送で簡単【腸内細菌検査キット】

腸内環境が私たちの体質や病気のなりやすさに関係していることがわかり、熱い注目を集めています。腸内環境は、腸の中に住んでいる何百兆もの腸内細菌の集団=腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)の状態によって左右され、例えば「デブ菌」として話題の... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

薬の正しい飲み方知ってる? 3つのQ%Aで確認|くすり教育スタート

小・中学校の新しい学習指導要領が、文部科学省により公示されました。注目すべき改定ポイントの1つは、中学校の「保健・体育」の項に、くすりの正しい使用教育が盛り込まれたことです。これは、生涯を通じて健康の自己管理能力や改善能力を育てることを目... 続きを読む

消費カロリーが多い全身浴ダイエット

全身浴
全身浴ダイエットではお風呂のお湯に全身つかって痩せることを目指します。
お風呂で半身浴をされるとダイエットに良いと聞いた方は多いでしょうが、上半身はお湯につかっていないため消費カロリーは意外と低いのです。
しかし全身浴では上... 続きを読む