ビタアルトBBIIの効能・用量・副作用など

ビタアルトBBIIの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB2主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 渡辺薬品工業
販売会社 協和薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ビタアルトBBIIの特徴

ビタアルトBBIIは,バランス良く配合された5種類のビタミンB群にヨクイニンエキス(ハトムギエキス)を加えました。
毎日の疲れをケアし,肌あれ・にきび・口内炎にも効果があるビタミン剤です。

ビタアルトBBIIの効能効果

次の諸症状※の緩和:口角炎,口唇炎,口内炎,舌炎,湿疹,皮膚炎,かぶれ,ただれ,にきび,肌あれ,赤鼻,目の充血,目のかゆみ。
次の場合のビタミンB2の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

ビタアルトBBIIの用法用量

次の量を朝夕食後に水又はお湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1錠:2回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量を厳守して下さい。

ビタアルトBBIIの成分分量

2錠中
リボフラビンリン酸エステルナトリウム 38.1mg
ピリドキシン塩酸塩 50mg
チアミン硝化物 20mg
ニコチン酸アミド 40mg
パントテン酸カルシウム 20mg
ヨクイニンエキス 100mg (よく苡仁1300mg)
(添加物)
乳酸カルシウム,ヒドロキシプロピルセルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),乳糖,セルロース,リン酸水素カルシウム,トウモロコシデンプン,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),マクロゴール,炭酸カルシウム,タルク,アラビアゴム,ゼラチン,白糖,酸化チタン,黄色4号,黄色5号,カルナウバロウ

ビタアルトBBIIの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
[関係部位:症状]
消化器:胃部不快感,胃部膨満感,食欲不振,吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい

ビタアルトBBIIの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)湿気により錠剤の外観が変化するおそれがありますので,ぬれた手で触れないで下さい。
(5)びんの中の詰め物は,輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので取り除いて下さい。
(6)びんの中の「紙包み」は乾燥剤です。取り出したり,開けたり,食べたりしないで下さい。
(7)箱の内蓋の「開封年月日」欄に,開封日を記入して下さい。
(8)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。なお,使用期限内であっても,開封後は品質保持のため,6ヵ月以内に服用して下さい。

ビタアルトBBIIが気になる人向けのコラム

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む

家事を頑張れば運動不足も解消できちゃう? 一石二鳥のダイエット

まもなく年末の大掃除(そうじ)の季節。普段からきれいにしている人には楽勝でも、忙しさにかまけて放っておいた人にとっては、考えるだけ気が重くなってしまいます。しかしこの大掃除、実は健康づくりにも役立つ「生活活動」なのです。

厚生労働省... 続きを読む

舌の色や形で健康状態が分かる-色・形・舌苔で健康チェック!

鏡に向かって、あ~んと口を開き、自分の舌を見てみましょう。どんな色、形をしていますか?
舌はからだの情報の宝庫。舌には血液がたくさん集まっているために、血液や体液の質およびその過不足が見てとれ、体調などがよくわかります。東洋医学でも、患者... 続きを読む

あなたは大丈夫?歯周病が分かる10個のチェックポイント

歯周病は、歯ぐき(歯肉)など歯を支える歯周組織が歯周病菌による炎症で徐々に破壊されていく病気の総称で、成人の抜歯原因の第1位です。虫歯と違って痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見た目でも進行がわかりにくいため、気がつかないうちに抜歯が必要... 続きを読む