第一三共胃腸薬〔細粒〕aの効能・用量・副作用など

第一三共胃腸薬〔細粒〕aの基本情報

第一三共胃腸薬〔細粒〕a

第一三共胃腸薬〔細粒〕a

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 散剤
製造販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

第一三共胃腸薬〔細粒〕aの特徴

次のようなはたらきをもった薬剤で,胃のもたれ・不快感などにお使いいただけます。
●脂肪消化酵素リパーゼAP12と消化酵素タカヂアスターゼN1が,消化を助けます。
●6種の健胃生薬が弱った胃のはたらきを高め,胃の不快感・食欲不振などに効きめをあらわします。
●ロートエキスが胃液の分泌を抑制し,胃痛をしずめます。
●生薬アカメガシワ,カンゾウ末が胃粘膜のあれ・ただれを修復します。
●塩分のもととなるナトリウムを含んでいません。

第一三共胃腸薬〔細粒〕aの効能効果

●もたれ,食べ過ぎ,飲み過ぎ,胸つかえ,食欲不振
●胸やけ,胃痛,胃酸過多,胃重,胃部不快感,げっぷ
●消化不良,消化促進,胃弱,胃部・腹部膨満感
●はきけ(むかつき,二日酔・悪酔のむかつき,悪心),嘔吐

第一三共胃腸薬〔細粒〕aの用法用量

次の量を水又はお湯で服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:1包:3回 食後に服用して下さい。
11歳以上15歳未満:2/3包:3回 食後に服用して下さい。
8歳以上11歳未満:1/2包:3回 食後に服用して下さい。
5歳以上8歳未満:1/3包:3回 食後に服用して下さい。
3歳以上5歳未満:1/4包:3回 食後に服用して下さい。
3歳未満:服用しないで下さい。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)3歳以上の幼小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

第一三共胃腸薬〔細粒〕aの成分分量

3包(3.9g)中
タカヂアスターゼN1 150mg
リパーゼAP12 60mg
アカメガシワエキス 63mg (アカメガシワとして504mg)
カンゾウ末 150mg
ケイ酸アルミン酸マグネシウム 1200mg
合成ヒドロタルサイト 450mg
水酸化マグネシウム 600mg
ロートエキス 30mg
オウバク末 105mg
ケイヒ末 225mg
ウイキョウ末 60mg
チョウジ末 30mg
ショウキョウ末 75mg
l-メントール 9mg
(添加物)
セルロース,乳糖,ポリソルベート80,ヒドロキシプロピルセルロース,サンショウ

第一三共胃腸薬〔細粒〕aの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないで下さい。
透析療法を受けている人
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないで下さい。
胃腸鎮痛鎮痙薬
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けて下さい。
(母乳に移行して乳児の脈が速くなることがあります)
4.長期連用しないで下さい。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人
排尿困難
(6)次の診断を受けた人
腎臓病,心臓病,緑内障
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.服用後,次の症状があらわれることがありますので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
口のかわき,便秘,下痢
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
その他の注意
■その他の注意
母乳が出にくくなることがあります。

第一三共胃腸薬〔細粒〕aの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)1包を分割した残りを服用する場合は,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用して下さい。
(5)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

第一三共胃腸薬〔細粒〕aが気になる人向けのコラム

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する
胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります... 続きを読む

胸の痛みから考えられる13の病気と対処法 緊急を要する症状は?

心臓や肺など、大きな臓器がある胸部。胸が痛くなると、大きな病気では?と不安になります。どんな痛みの時が危険なのか、受診する科についてまとめました。 どんな痛みか医師に説明できるとベスト 胸や胸の近くが痛い時に考えらえるのは、心臓や肺の... 続きを読む

リスクだらけの腸内洗浄は自分でやっちゃダメ!怖い後遺症

腸の病気の治療や出産などで医学的に便の排出を促す必要がある場合に、「腸洗浄(浣腸や高圧浣腸ともいいます)」を行うことがあります。
その方法は、レバー付の管を肛門に入れ、温めた滅菌蒸留水またはコーヒーを主成分とする溶液を断続的に注入し排便... 続きを読む

胸焼けやゲップの原因は胃食道逆流症かも? 8つのセルフケア術

食事の後に胸焼けが起こる、酸っぱいものがこみ上げてくる、げっぷが出やすい──などという不快な症状にたびたび見舞われるようなら、それは「胃食道逆流症」かもしれません。この病名、あまりなじみがないかもしれませんが、以前は「逆流性食道炎」と呼ば... 続きを読む