キミエホワイトの効能・用量・副作用など

キミエホワイトの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンC主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 寧薬化学工業
販売会社 富山常備薬グループ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

キミエホワイトの特徴

・キミエホワイトは,L-システイン・ビタミンCなどを配合したビタミン剤で,しみやそばかすのもとになる黒色メラニンの生成を抑制し,皮膚の代謝をスムーズにし,メラニンの排出を促します。
・ビタミンB2とニコチン酸アミドが皮膚の新陳代謝を促進し,L-システインとビタミンCの働きを助けて効果を高めます。

キミエホワイトの効能効果

次の諸症状※の緩和:しみ,そばかす,日焼け・かぶれによる色素沈着。
次の場合※の出血予防:歯ぐきからの出血,鼻出血。
次の場合のビタミンCの補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時,老年期

キミエホワイトの用法用量

次の量を食後服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2錠:3回
7歳以上15歳未満:1錠:3回
7歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)用法及び用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

キミエホワイトの成分分量

6錠中
L-システイン 160mg
アスコルビン酸 500mg
ニコチン酸アミド 60mg
リボフラビン 12mg
(添加物)
セルロース,無水ケイ酸,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),マクロゴール,白糖,無水リン酸水素カルシウム,タルク,アラビアゴム末,ゼラチン,酸化チタン,カルナウバロウ

キミエホワイトの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後,次の症状があらわれた場合は直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。 下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

キミエホワイトの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)容器の中の詰め物は,フタを開けた後は取り除いてください。
(詰め物は,錠剤が輸送中に破損するのを防止するためのものです。)
(5)服用の都度,容器のフタをしっかり閉めてください。
(吸湿し品質が変わることがあります。)
(6)使用期限の過ぎた製品は服用しないでください。
(7)箱の「開封年月日」記入欄に,開封した日付を記入してください。

キミエホワイトが気になる人向けのコラム

「シミ・そばかす」はもう隠さなくて大丈夫! L-システインの効果とは?

最近、シミやそばかすが気になるという人に。美容ライターの間でも人気の高い、エスエス製薬の「ハイチオール」シリーズから、飲んで内側からシミ・そばかすを治療する医薬品「ハイチオールCホワイティア」が新発売になりました。 ハイチオールCホワイ... 続きを読む

シミ、肝斑、そばかすをセルフケアで無くそう

シミにも種類がある
女性にとって老けて見えたり、不健康に見えたりする「シミ」は本当に無くなってほしいですし、できるだけ作りたくないものですよね。ただ、単にシミと言っても、様々な種類があるのをご存知でしょうか。大きく分けて「肝斑」と「そば... 続きを読む

あなたは大丈夫?歯周病が分かる10個のチェックポイント

歯周病は、歯ぐき(歯肉)など歯を支える歯周組織が歯周病菌による炎症で徐々に破壊されていく病気の総称で、成人の抜歯原因の第1位です。虫歯と違って痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見た目でも進行がわかりにくいため、気がつかないうちに抜歯が必要... 続きを読む

ストレスで一気に白髪になることってあるの? 白髪に有効な食べ物

歳をとるにつれ、髪に白いものが混じり始めるのは誰にでもあること。しかしそれが、あるとき髪全体が一気に白くなってしまう、などということが起こり得るものでしょうか。
歴史的に有名なエピソードに18世紀のフランス王妃、マリーアントワネットの... 続きを読む

目の下の青いクマと茶色いクマの違いとは-2種類のクマの解消法

目の下の「クマ」、気になりませんか?
若い人から年配の人まで、目の下にできる「クマ」は、病気でもないのにやつれて見えたり、老けて見えたりする原因になってしまいます。お肌のお手入れだけでは治りにくく、「とりあえずメイクで隠す」という人も多い... 続きを読む