アセモヒフールの効能・用量・副作用など

アセモヒフールの基本情報

アセモヒフール

アセモヒフール

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 万協製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アセモヒフールの特徴

アセモヒフールは赤ちゃんから大人までご使用いただける,患部に優しい非ステロイド性の軟膏です。ジフェンヒドラミンとリドカインのはたらきでかゆみを抑えます。さらに,患部を乾燥させ炎症を抑える酸化亜鉛,患部の炎症を抑えるグリチルレチン酸を配合しています。血行促進作用のあるトコフェロール酢酸エステルが炎症の改善を助け,アラントインが傷の治りを助けます。殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノール配合で,雑菌の繁殖を抑えます。

アセモヒフールの効能効果

あせも,かぶれ,ただれ,湿疹,皮膚炎,かゆみ,しもやけ,虫さされ,じんましん

アセモヒフールの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布又は塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。

アセモヒフールの成分分量

100g中
ジフェンヒドラミン 1g
リドカイン 1g
酸化亜鉛 20g
グリチルレチン酸 0.2g
トコフェロール酢酸エステル 1g
アラントイン 0.5g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
ハッカ油 0.5g
(添加物)
ゴマ油,ゲル化炭化水素,プロピレングリコール,無水ケイ酸,ポリソルベート80,クエン酸,トウモロコシデンプン

アセモヒフールの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

アセモヒフールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。

アセモヒフールが気になる人向けのコラム

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

便座より汚い!?働く女性のスマホ、キーボード、化粧品事情

現代に生きる働く女性にとって、スマホや化粧道具は必需のアイテム。どんな人のバッグにも必ず入っていて、常に行動をともにしているはずです。 そんな身近な存在が、実は雑菌まみれの状態であることを知っていますか?今回は、女性が日常的に持ち歩く... 続きを読む

足のイヤな臭いの原因-臭いを元から断つ方法と靴の手入れの仕方

自分の足の不快なにおいが気になっている人、多分たくさんいるでしょうね。特にこの時期、よそのお宅を訪問するのに靴を脱がなければならないとなると、ついつい腰が引けてしまうこともあるのでは?
どうして足がにおうのか。その理由の1つは足裏には... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その7 ワクチン接種計画

前回に引き続き「イクメンのための予防接種の基礎知識」をお届けします。今回は、個別のワクチンについての知識です。前回は、(1)なぜ予防接種をしなくてはいけないのか、(2)予防接種には定期と任意がある、(3)順番を考えて受ける、などについて解... 続きを読む