独活葛根湯エキス細粒G「コタロー」の効能・用量・副作用など

独活葛根湯エキス細粒G「コタロー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 独活葛根湯
形状 散剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

独活葛根湯エキス細粒G「コタロー」の特徴

本剤は,漢方の古典「外台秘要(げだいひよう)」(唐代)収載の処方にもとづいてつくられたエキスを,飲みやすく細粒剤としたものです。
現代社会では,OA機器などの進歩により,肩が重だるい,肩の筋肉がこわばるといった方が多く,慢性化している方もいます。
独活葛根湯エキス細粒G「コタロー」は,肩こりにも使われる葛根湯に,独活(ウドの根茎)と地黄とが配合された処方で,肩から首筋のこりを取り除く漢方の肩こり薬です。
また,40?50歳代に肩関節が痛み,ちょっとした動作も困難となるいわゆる五十肩にもおすすめできます。

独活葛根湯エキス細粒G「コタロー」の効能効果

体力中等度又はやや虚弱なものの次の諸症:四十肩,五十肩,肩こり,寝ちがえ

独活葛根湯エキス細粒G「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または1.8g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または1.2g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または0.9g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包または0.6g:3回
2歳未満:1/4包または0.45g:3回
(大入り剤に添付のサジは,すり切り一杯で約0.6gです)
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。

独活葛根湯エキス細粒G「コタロー」の成分分量

3包(5.4g)中
水製エキス 4.08g (カッコン4.0g,ケイヒ・シャクヤク各2.4g,マオウ・ドクカツ各1.6g,ショウキョウ・タイソウ・カンゾウ各0.8g,ジオウ3.2g)
(添加物)
含水二酸化ケイ素,ステアリン酸マグネシウム,アメ粉

独活葛根湯エキス細粒G「コタロー」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

独活葛根湯エキス細粒G「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)水分が付きますと,品質の劣化をまねきますので,誤って水滴を落したり,ぬれた手で触れないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(分包剤のみ)
(6)湿気などにより薬が変質することがありますので,服用後は,ビンのフタをよくしめてください。
(大入り剤のみ)
(7)使用期限を過ぎた商品は服用しないでください。
(8)ビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。
(大入り剤のみ)

独活葛根湯エキス細粒G「コタロー」に効果効能が似た薬

独活葛根湯エキス細粒G「コタロー」が気になる人向けのコラム

若年層も四十肩・五十肩に利く治療方法をご紹介

四十肩・五十肩とは

50歳前後の人によく起こる、肩や腕の凝りや痛み。五十腕。
ごじゅうかた【五十肩】の意味 - 国語辞書 - goo辞書


医学的には「肩関節周囲炎」といって、肩関節周囲の組織が傷ついて炎症がおこり、痛みや... 続きを読む

50代女性の健康と美容管理-抑えておきたい6つのポイント

「働く女性の応援団
7」(18~39歳)、「働く女性の応援団
8」(40~49歳)と、年代ごとの女性の健康管理について解説してきました。今回は50歳以降についてみていきましょう。
50歳代になると、これまで女性の健康を守ってきてくれた... 続きを読む

肩こりとストレスを一気に解消できる! 2つのヨガストレッチ

この春、進学や就職、異動などで新しい生活が始まり、慣れない環境の中で頑張っている人も多いことでしょう。環境の変化は体にも心にもストレスとなります。気がついたら肩や腰はコチコチ、精神的な緊張で夕方にはぐったりという人もいるのでは?
そこ... 続きを読む

甘草グラブラポリフェノール

ヨーロッパでは「リコリス」として4 千年以上も昔からなじみのあるマメ科の植物、「甘草グラブラ種」。お菓子やお酒にもよく使われており、その根茎に多く含まれている成分を抽出したのが「甘草グラブラポリフェノール」です。最近、ダイエット系サプリの... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む