ジーベクトル坐剤の効能・用量・副作用など

ジーベクトル坐剤の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 外用痔疾用薬
形状 挿入剤
製造販売会社 奥田製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ジーベクトル坐剤の特徴

ジーベクトル坐剤は,痔の治療に有効なプレドニゾロン酢酸エステル,リドカインなど5種の有効成分を配合した痔疾用坐剤で痔の痛み,はれ,かゆみ,出血の不快な4つの症状の改善にすぐれた効果を発揮します。

ジーベクトル坐剤の効能効果

きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血の緩和

ジーベクトル坐剤の用法用量

次の量を肛門内に挿入してください。
[年齢:1回量:1日使用回数]
成人(15才以上):1個:1?3回
15才未満:使用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に使用させないでください。
(2)本剤が軟らかい場合には,しばらく冷やした後に使用してください。また,硬すぎる場合には,軟らかくなった後に使用してください。
(3)肛門にのみ使用してください。
(4)定められた用法・用量を厳守してください。

ジーベクトル坐剤の成分分量

1個(1.2g)中
リドカイン 60mg
プレドニゾロン酢酸エステル 1mg
アラントイン 20mg
グリチルレチン酸 6mg
トコフェロール酢酸エステル 50mg
(添加物)
ハードファット,軽質無水ケイ酸

ジーベクトル坐剤の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)患部が化膿している人。
2.長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
その他:刺激感,化膿
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁等があらわれる。
3.10日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ジーベクトル坐剤の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所(30℃以下)に保管してください。
特に夏期は冷蔵庫に保管してください。
(2)坐剤の先を下向きにして保管してください。(軟化したときの坐剤の変形を防ぐため。)
(3)小児の手の届かない所に保管してください。
(4)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わるのを防ぐため。)
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ジーベクトル坐剤が気になる人向けのコラム

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

アソコのかゆみはカンジタ膣炎かも

性感染症ではない!カンジダ膣炎の原因

カンジダは不完全菌に属する酵母の代表的なものであり、もともと性器周辺やその他の体表に存在している菌、いわゆる常在菌で、健康な人体は免疫により過度の増殖を防いでいるが、体調の悪化などで免疫力が落ち... 続きを読む

蚊の被害 7つの対策と9つのかゆみ対処法

蚊に刺されやすい人の6つの特徴

血液型
よく刺されやすい血液型と、刺されにくい血液型があると言われる。一般的には、O型が刺されやすく、A型が刺されにくいと言われている。
カ - goo Wikipedia (ウィキペディア)
... 続きを読む

胸の痛みに要注意!放置厳禁のその症状

痛む場所から症状を把握する
胸の痛む箇所からさまざまな症状が現れます。左側、右側、真ん中、全体が痛い、脇腹や背中にかけて痛い、乳房が張って痛いなど、箇所や痛みの度合いが違います。特に高齢者の場合は、心臓に近い左側が見られる傾向があります... 続きを読む