ムクトレールの効能・用量・副作用など

ムクトレールの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 漢方製剤
形状 錠剤
製造販売会社 カイゲンファーマ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ムクトレールの特徴

■なかなか改善しない,つらい足のむくみを飲んで治します。
■9種類の生薬が体の巡りを促し,水分代謝を整えます。
■人が本来持っている治す力(自己治癒力)を高め,むくみを改善していきます。
■1日2回の服用で,ずっと我慢していた繰り返すむくみに効果を発揮する漢方薬です。
?こんな症状の方に?
足のだるさ・重さを感じる
くつ下の跡が消えない
どっしり足が太って見える
パンパンで靴が履けない

ムクトレールの効能効果

体力中等度以上で,全身倦怠感があり,とくに下肢の倦怠感が著しいものの次の諸症:むくみ,疲労倦怠感,関節のはれや痛み,更年期障害,動悸,息切れ,神経症,胃腸炎

ムクトレールの用法用量

次の量を1日2回,食前又は食間に水又はお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):4錠:2回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ムクトレールの成分分量

8錠中
九味檳榔湯乾燥エキス 1.7g (ビンロウジ2g,コウボク・ケイヒ・キッピ各1.5g,ソヨウ0.75g,カンゾウ・ダイオウ・モッコウ・ショウキョウ各0.5g)
(添加物)
軽質無水ケイ酸,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),合成ケイ酸アルミニウム,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン

ムクトレールの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
軟便,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ムクトレールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)吸湿しやすいため,服用の都度ビンのフタをよくしめてください。
(5)本剤は生薬を原料として使用していますので,製品により色調等が異なることがありますが,効果には変わりありません。
(6)錠剤に微少な斑点が見受けられることがありますが,これは成分によるもので,品質には問題ありません。
(7)本剤をぬれた手で扱わないでください。水分が錠剤につくと,錠剤表面が変色したり,亀裂を生じることがあります。
(8)外箱に表示の使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ムクトレールが気になる人向けのコラム

体の中から痩せていく漢方薬ダイエット

漢方
人間一人ひとり個性があるように、個人個人の持つ体質もそれぞれ異なっています。
ストレス太りをしやすいタイプ、血行が悪くなりがちなタイプ、といろいろな体質の方がいる中で、それぞれ異なったケアを行うことができるのが漢方薬ダイエットで... 続きを読む

要注意!ウイルス感染性胃腸炎の原因と対策

ウイルス感染性胃腸炎とは

乳幼児に発症するウイルス感染症で、冬場に流行する乳児の下痢(げり)・嘔吐症(おうとしょう)の約80%強を占めます。突然の嘔吐や水様性の下痢便が現れた時は、この病気を疑います。
ウイルス性急性胃腸炎(冬季下... 続きを読む

消費カロリーが多い全身浴ダイエット

全身浴
全身浴ダイエットではお風呂のお湯に全身つかって痩せることを目指します。
お風呂で半身浴をされるとダイエットに良いと聞いた方は多いでしょうが、上半身はお湯につかっていないため消費カロリーは意外と低いのです。
しかし全身浴では上... 続きを読む

つるつる美肌になれるアロマテラピー ハト麦パックのやり方

2010年もあっという間に暮れようとしています。夏があまりに暑く長かったせいで、体のメンテナンスもできないうちに、秋を通り越して冬に突入してしまったような感じがします。急激な変化にびっくりしている体に一番必要なことは、時間をかけたボディー... 続きを読む

まだ若いのに更年期?若年性更年期障害とは

まず、更年期障害のしくみを知りましょう
更年期障害とはそもそもどのようなしくみで起きるのでしょうか。

更年期とはだいたい、「閉経の前5年と閉経の後5年の合わせた10年間」を指します。日本人の女性が閉経を迎える平均的な年齢は、50.... 続きを読む