メディプロUクリームの効能・用量・副作用など

メディプロUクリームの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 雪の元本店
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

メディプロUクリームの特徴

メディプロUクリームは非ステロイド性抗炎症薬「ウフェナマート」に,かゆみをおさえる成分「ジフェンヒドラミン」など5種類を配合していますので,皮膚炎,湿疹,かゆみ等を効果的にしずめます。また,デリケートな赤ちゃんのおむつかぶれにもおすすめできます。
○非ステロイド性抗炎症薬のウフェナマートがおむつかぶれ,湿疹などの炎症にすぐれた効果をあらわします。
○植物由来の消炎剤グリチルレチン酸と,アレルギー性の炎症・かゆみを抑えるジフェンヒドラミンがあせも,ただれなどの不快なかゆみによく効きます。
○血行を良くするトコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)と,細菌の感染を防ぐベンゼトニウム塩化物が炎症の改善を助けます。
○無香料・無着色です。

メディプロUクリームの効能効果

あせも,かゆみ,おむつかぶれ,皮膚炎,湿疹,ただれ,かぶれ

メディプロUクリームの用法用量

1日数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。

メディプロUクリームの成分分量

1g中
ウフェナマート 50mg
ジフェンヒドラミン 10mg
トコフェロール酢酸エステル 5mg
グリチルレチン酸 3mg
ベンゼトニウム塩化物 1mg
(添加物)
セタノール,サラシミツロウ,ステアリン酸,ミリスチン酸イソプロピル,流動パラフィン,自己乳化型ステアリン酸グリセリン,ポリソルベート60,1,3-ブチレングリコール,グリセリン,パラベン

メディプロUクリームの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

メディプロUクリームの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)使用期限(外箱に記載)をすぎた製品は使用しないでください。

メディプロUクリームに効果効能が似た薬

メディプロUクリームが気になる人向けのコラム

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

韓国コスメ最前線~韓国ミヤゲの定番・思わず大人買いしたシートマスクはどれ?

韓国へ行ったことのある人も、ない人も、韓国旅行の定番みやげとしてもらったことのあるコスメといえば、シートマスクが上位に入るのではないでしょうか?何しろ、韓国のシートマスクは選ぶのが大変なくらい種類が豊富。各メーカーともさまざまな種類のシート... 続きを読む

スポーツ選手のイメージトレーニングを実践! 6つの注目ポイント

「ゴルフやテニスなどのスポーツで、腕を上げたいときによく行われるのが、「イメージトレーニング」。これは、プロ選手のプレー風景を見て、フォームなどを学ぶことを指しています。
このとき、漠然と見るのではなくて、これからお話しする6つのポイ... 続きを読む

妊娠が分かる前に飲んだ薬の影響は? 飲んでも大丈夫な薬はある?

妊娠していると気付かずに、薬を服用してしまい、心配になる人も多くいます。妊娠中の薬の服用は慎重に行いたいものですが、実は多くの薬が心配のないもの。特に注意したい期間や、薬の種類をご紹介します。 妊娠4〜7週は特に注意
「絶対過敏期」 妊娠... 続きを読む