オロファニック口腔用軟膏の効能・用量・副作用など

オロファニック口腔用軟膏の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口内炎用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 協和薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

オロファニック口腔用軟膏の効能効果

口内炎(アフタ性)

オロファニック口腔用軟膏の用法用量

1日1?数回,適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)本剤は口腔用にのみ使用し,口腔用以外には使用しないでください。
(4)痛みが治まったら使用を終了してください。
(5)使用後はしばらく飲食をさけてください。
(6)入れ歯の接着など治療以外の目的に使用しないでください。

オロファニック口腔用軟膏の成分分量

100g中
トリアムシノロンアセトニド 0.1g
(添加物)
流動パラフィン,ヒドロキシプロピルセルロース,カルボキシビニルポリマー,キシリトール,サッカリンナトリウム水和物,香料,ゲル化炭化水素

オロファニック口腔用軟膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は使用しないでください
(1)感染性の口内炎が疑われる人。(医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください)
・ガーゼなどで擦ると容易に剥がすことのできる白斑が口腔内全体に広がっている人。(カンジダ感染症が疑われます)
・患部に黄色い膿がある人。(細菌感染症が疑われます)
・口腔内に米粒大?小豆大の小水疱が多発している人,口腔粘膜以外の口唇,皮膚にも水疱,発疹がある人。(ウイルス感染症が疑われます)
・発熱,食欲不振,全身倦怠感,リンパ節の腫脹などの全身症状がみられる人。(ウイルス感染症が疑われます)
(2)口腔内に感染を伴っている人。(ステロイド剤の使用により感染症が悪化したとの報告があることから,歯槽膿漏,歯肉炎等の口腔内感染がある部位には使用しないでください)
(3)5日間使用しても症状の改善がみられない人。
(4)1?2日間使用して症状の悪化がみられる人。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(4)授乳中の人。
(5)患部が広範囲にある人。
(6)高齢者。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,このケースを持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
口腔内:白斑(カンジダ感染症が疑われる),患部に黄色い膿がある(細菌感染症が疑われる),味覚の異常,しびれ感
その他:アレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ等)
3.本剤使用後,次の症状があらわれた場合には,感染症による口内炎や他疾患による口内炎が疑われるので使用を中止し,このケースを持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
発熱,食欲不振,全身倦怠感,リンパ節の腫脹,水疱(口腔内以外),発疹・発赤,かゆみ,口腔内の患部が広範囲に広がる,目の痛み,かすみ目,外陰部潰瘍

オロファニック口腔用軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,開封後は使用期限内であっても,なるべく速やかに使用してください。

オロファニック口腔用軟膏が気になる人向けのコラム

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む

甘い砂糖が虫歯をまねくのは本当?正しいオーラルケアを知って

虫歯や歯周病にかかると、痛みや苦痛に加えて、病院に通う手間や費用なども大変です。正しい歯の磨き方など、事前にケアの方法を知っておき、毎日こまめに実践して予防したいものです。
まず、意外に知られていない虫歯の原因からお話ししましょう。 ... 続きを読む

口臭や歯のくすみ大丈夫? 加齢とともに口内環境は悪化する

「平成17年歯科疾患実態調査」(厚生労働省:6年ごとに行っている調査)によると、1日の歯みがき回数は調査ごとに増加し、口の中の健康に対する意識が高まっていることがうかがえます。
一方、別の調査では、毎日歯みがきしているのに、口の中のネ... 続きを読む

セサミオイル

今、モデルや芸能人がこぞって雑誌やテレビで紹介しているのが“セサミオイル”。肌、髪など、全身に使える美容効果の高いオイルです。“セサミオイル”とは、つまりゴマ油ですが、スーパーで売っている茶色いゴマ油とは似て非なるもの。 「 中華料理に使う... 続きを読む