ジスコールせきどめ錠Sの効能・用量・副作用など

ジスコールせきどめ錠Sの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 錠剤
製造販売会社 カシマ薬品商事
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ジスコールせきどめ錠Sの特徴

せきやたんは,かぜや気管支炎などの時に起こる典型的な症状ですが,激しいせきが続くと,のどや気管支の粘膜を痛めるだけでなく,体力の消耗を招いたり,睡眠や安静が妨げられたりして,病気自体の回復を遅らせたり,二次感染を引き起こす恐れもありますので,早めに治療することが大切です。
ジスコールせきどめ錠Sは,激しいせきをしずめるとともに,のどにからんだしつこいたんの粘りを下げてとりやすくするトコン末や,炎症を起こしているのどや気管支粘膜を保護し,たんを出しやすくするカンゾウ末などを配合し,せきやたんに優れた効果をあらわします。

ジスコールせきどめ錠Sの効能効果

せき・たん

ジスコールせきどめ錠Sの用法用量

1日3回食後に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):4錠:3回
8才以上15才未満:2錠:3回
5才以上8才未満:1錠:3回
5才未満の乳幼児:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)用法・用量を厳守してください。

ジスコールせきどめ錠Sの成分分量

12錠中
トコン末 10mg
カンゾウ末 500mg
ジヒドロコデインリン酸塩 30mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 75mg
ノスカピン 60mg
グアヤコールスルホン酸カリウム 270mg
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 6mg
無水カフェイン 150mg
(添加物)
セルロース,二酸化ケイ素,乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース

ジスコールせきどめ錠Sの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)5歳未満の小児
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください
他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,鎮静薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等)
3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気があらわれることがあります。)
4.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください
5.過量服用・長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状がある人。
高熱,排尿困難
(6)次の診断を受けた人。
心臓病,高血圧症,糖尿病,緑内障,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい
泌尿器:排尿困難
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください
[症状の名称:症状]
再生不良性貧血:青あざ,鼻血,歯ぐきの出血,発熱,皮膚や粘膜が青白くみえる,疲労感,動悸,息切れ,気分が悪くなりくらっとする,血尿等があらわれる。
無顆粒球症:突然の高熱,さむけ,のどの痛み等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘,口のかわき,眠気
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ジスコールせきどめ錠Sの保管上の注意

1.直射日光のあたらない湿気の少ない,涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
4.使用期限(外箱記載)を過ぎた製品は使用しないで下さい。

ジスコールせきどめ錠Sに効果効能が似た薬

ジスコールせきどめ錠Sが気になる人向けのコラム

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

統合失調症ってどんな病気? 罹りやすい人の傾向があるって本当?

「統合失調症」という病名を聞いて、「どんな病気?」と首をひねる人は少なくないでしょう。実は、日本ではつい最近まで「精神分裂病」と呼ばれていました。この病名なら聞いたことがある人が多いと思いますが、ではどんな病気かと尋ねられたら、これまた首... 続きを読む

ひどい生理痛は病気のサインかも? 放置してはいけない女性の病気

月経痛(生理痛)は誰にでもあるもの、そう思っていませんか?
違うんです。動けなくなる、痛み止めが効かない、学校を休んでしまう、そのような痛みは異常です。
30年ほど前までは、生理痛に対して痛み止め以外の方法はなく、「早く子どもを産みな... 続きを読む

食べるだけでもカロリー消費するめダイエット

するめ
するめダイエットは、お腹が空いたらするめをかじるというダイエット方法です。
するめは細かく切り裂いたものを少しづつ食べると、カロリーが気になりません。
仮に裂いたものを10グラム食べても、30kcal程度になります。
する... 続きを読む

腰痛の原因と予防法-ギックリ腰になったら?4つの簡単対処法

いまや人々の健康上の関心事は「メタボリックシンドローム」に集まっている観がありますが、実際に症状を訴える人が多いのは、実は「腰痛」です。
厚生労働省による最も新しい調査では、「腰痛」は男性では1000人中82.0人が症状を訴えて第1位、... 続きを読む