ロート抗菌目薬iの効能・用量・副作用など

ロート抗菌目薬iの基本情報

ロート抗菌目薬i

ロート抗菌目薬i

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 抗菌性点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 ロート製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ロート抗菌目薬iの特徴

効き目をしっかり目にとどめる滞留性設計。
「ロート抗菌目薬i」は,細菌に強い抗菌力を持つサルファ剤を配合しています。そして,このサルファ剤を目の表面に長くとどめるヒプロメロースとアルギン酸の2つの粘稠剤を配合しています。さらに,抗炎症成分をW配合することで効果的に炎症を鎮めます。いつでも清潔な1回使いきりタイプで,炎症を起こした目にもやさしいさし心地です。ものもらい・結膜炎をしっかり治療したいときには「ロート抗菌目薬i」。

ロート抗菌目薬iの効能効果

ものもらい,結膜炎(はやり目),目のかゆみ,眼瞼炎(まぶたのただれ)

ロート抗菌目薬iの用法用量

1回2?3滴,1日5?6回点眼してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)容器の先を目やまぶた,まつ毛に触れさせないでください。〔目にキズがついたり,汚染や異物混入(目やにやホコリ等)の原因となる〕また,混濁したものは使用しないでください。
(3)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(4)点眼用にのみ使用してください。

ロート抗菌目薬iの成分分量

スルファメトキサゾールナトリウム 0.04
イプシロン-アミノカプロン酸 0.01
グリチルリチン酸二カリウム 0.0015
(添加物)
ホウ酸,ホウ砂,アルギン酸,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール,ポリソルベート80,エデト酸ナトリウム,pH調節剤

ロート抗菌目薬iの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人
はげしい目の痛み
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ,しみて痛い
3.3?4日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

ロート抗菌目薬iの保管上の注意

(1)本品は外箱に入れ,日光や蛍光灯の当たらない涼しい所に保管してください。品質を保持するため,過度の高温(自動車内や暖房器具の近く等)及び過度の低温(冷蔵庫の中等)をさけ,なるべく涼しい所に保存してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。なお,開封後はすみやかにご使用ください。
(6)本品は,「1回使いきりタイプ」の点眼剤です。容器には薬液が押し出しやすいようにやや多く入っていますが,一度開封したものは液が残っていても必ず捨ててください。
(7)ズボンの後ろポケット等に製品を入れると,キャップが開くことがありますのでご注意ください。

ロート抗菌目薬iが気になる人向けのコラム

目やまぶたの腫れ、ものもらいの対処方法

放置しがちな「ものもらい」の症状とは
たびたび、目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか?大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているというこ... 続きを読む

目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方

「目くそ鼻くそを笑う」ということわざがあります。自分の欠点には気づかずに、他人の欠点を見下すことの例えです。確かにいますよね、こういう人。なぜ目くそ(目やに)と鼻くそが例えに用いられるのかというと、元は一緒で汚さではどっちもどっち、同じよ... 続きを読む

昆布茶を飲んで便秘解消ダイエット!

昆布茶
ダイエットに取り組む場合、食事制限をしたり有酸素運動を行う人は多いですが、ダイエットの際に自分の腸内環境の事に気を使う人は意外なほど少ないです。

実は腸内環境はダイエットに大きく関係していると言われており、便秘の状態でダイ... 続きを読む

夏は眼のトラブルになりがち-子どもが罹りやすいウイルス感染とは


夏は目にとって、“受難”の季節です。ウイルスの感染による結膜炎がはやったり、強い紫外線によって角膜に急性の炎症が起きることがあります。また紫外線は白内障をもたらす原因にもなります。夏は日焼けだけでなく、目のトラブルにも注目しておきましょ... 続きを読む

昆布茶で健康的にダイエットしてみては

昆布茶
そもそも昆布茶は昔から健康茶として広く支持され続けています。ガン予防をはじめとして高血圧や動脈硬化などにも有効だとされています。昆布に含有される「ヨード」の成分が甲状腺ホルモンの分泌を促し、より新陳代謝が円滑になります。これによ... 続きを読む