パンシロンの効能・用量・副作用など

パンシロンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 制酸・健胃・消化・整腸を2以上標榜するもの
形状 散剤
製造販売会社 ロート製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

パンシロンの特徴

●のみすぎ,食べすぎで疲れた胃に
健胃生薬が弱った胃の働きを回復させるとともに,消化酵素の働きで食物の消化を助け,胃の負担を軽くします。
●胸やけ,胃痛をスーッと鎮めます。
速効性制酸剤と持続性制酸剤の配合で,胃酸の出すぎからくる胸やけ,胃痛,むかつきなどの不快症状を抑えます。
●爽やかな香りの,のみやすい細粒です。
生薬独特の爽やかな香りの細粒剤ですから,胃の調子が悪い時でも無理なく服用していただけます。

パンシロンの効能効果

胃酸過多,胸やけ,胃部不快感,胃部膨満感,胃もたれ,胃重,胸つかえ,げっぷ(おくび),はきけ(むかつき,二日酔・悪酔のむかつき,悪心),嘔吐,飲みすぎ,胃痛,食欲不振(食欲減退),胃部・腹部膨満感,消化不良,胃弱,食べすぎ

パンシロンの用法用量

次の量を食後に水又はお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15才以上:1包:3回
11才以上15才未満:2/3包:3回
8才以上11才未満:1/2包:3回
5才以上8才未満:1/3包:3回
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

パンシロンの成分分量

3包中
サナルミン(水酸化アルミナ・マグネシウム) 399mg
炭酸水素ナトリウム 1950mg
重質炭酸マグネシウム 555mg
沈降炭酸カルシウム 540mg
ロートエキス 30mg
ビオヂアスターゼ500 210mg
プロザイム 18mg
ケイヒ 78mg
シュクシャ 144mg
センブリ 3mg
ケイヒ油 7mg
(添加物)
l-メントール,トウモロコシデンプン,デキストリン,ケイ酸アルミニウム

パンシロンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないでください。
透析療法を受けている人。
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
胃腸鎮痛鎮痙薬
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
(母乳に移行して乳児の脈が速くなることがある)
4.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。 排尿困難
(6)次の診断を受けた人。 腎臓病,心臓病,緑内障,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
口のかわき
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
その他の注意
■その他の注意
母乳が出にくくなることがあります。

パンシロンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は服用しないでください。
なお,使用期限内であっても,一度開封した後はなるべく早くご使用ください。
(5)1包を分けて服用したときの残りは,袋の口を折り返して封をするように閉じ,2日以内に使用してください。

パンシロンが気になる人向けのコラム

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

膀胱炎は予防できるのか

膀胱炎の原因のほとんどは大腸菌だった
膀胱炎と聞くと、内部の炎症のような感じも受けますが、実は意外にもほとんどの場合は大腸菌が原因で起こります。


一般に、膀胱炎といえば急性膀胱炎のことを指します。
膀胱炎のほとんどは、尿道... 続きを読む

「お香」で心も体もリラックス-日本のお香が体にいい理由

白檀(びゃくだん)のお線香のにおいや新しい畳のにおいをかいだとき、小さいころ行った田舎のおばあちゃんの家を思い出したり、香水のにおいから大好きだった人のことを思い出したり、香りによって懐かしいできごとや人の記憶がよみがえることはありません... 続きを読む

ピロリ菌やがんから胃を守る-こんな不調があったら要注意?

食欲の秋なのに、なんとなく胃の調子がすぐれず「食べたいのに食べられない」と憂うつな気分になっている人はいませんか?
「日本人は胃が弱い」とはよくいわれます。がんの部位別死亡率をみると、最近は肺がんにトップの座を譲ったものの、長い間、胃が... 続きを読む