アリフロミンハイ2の効能・用量・副作用など

アリフロミンハイ2の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等)
形状 錠剤
製造販売会社 廣貫堂
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

アリフロミンハイ2の特徴

ビタミンは私達の体内代謝機能を調節し,健康維持や発育,成長などに必要な栄養素です。
アリフロミンハイ2は,ビタミンB1誘導体(ベンフォチアミン)をはじめ,10種類のビタミンと日常不足しがちなカルシウムを配合した,ビタミン含有保健薬です。
アリフロミンハイ2は,虚弱体質,肉体疲労・小児の発育期・偏食児・病中病後・食欲不振などの場合の栄養補給に効果があります。

アリフロミンハイ2の効能効果

○成人(15歳以上)の場合
滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給
○6歳以上15歳未満の場合
滋養強壮,虚弱体質,偏食児・小児の発育期・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給

アリフロミンハイ2の用法用量

次の量を,食後水又は白湯で,かまずに服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):2錠:1回
6歳以上15歳未満:1錠:1回
6歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)用法・用量を守ってください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

アリフロミンハイ2の成分分量

1日量(2錠)中
ニコチン酸アミド 50mg
パントテン酸カルシウム タイプS 46.2mg
〔パントテン酸カルシウム〕 〔30mg〕
ベンフォチアミン(ビタミンB1) 10mg
リボフラビン(ビタミンB2) 7mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 12mg
ナビトールA50%散「ニッシン」 20mg
〔酢酸d‐α-トコフェロール(ビタミンE)〕 〔10mg〕
理研ドライAD-B100/10P-GP 20mg
〔レチノールパルミチン酸エステル(ビタミンA)〕 〔2000国際単位〕
〔エルゴカルシフェロール(ビタミンD2)〕 〔200国際単位〕
直打用アスコルビン酸 103.1mg
〔アスコルビン酸(ビタミンC)〕 〔100mg〕
無水リン酸水素カルシウム 60mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 20μg
沈降炭酸カルシウム 120mg
(添加物)
乳酸Ca水和物,無水ケイ酸,トウモロコシ油,ビタミンE,ラウリン酸ソルビタン,ゼラチン,白糖,タルク,グリセリン脂肪酸エステル,トウモロコシデンプン,セルロース,乳糖水和物,ヒドロキシプロピルセルロース,D-マンニトール,ステアリン酸Mg,ヒプロメロース,マクロゴール,アラビアゴム,酸化チタン,カルナウバロウ

アリフロミンハイ2の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊娠3ヵ月以内の妊婦,妊娠していると思われる人又は妊娠を希望する人。
(妊娠3ヵ月前から妊娠3ヵ月までの間にビタミンAを1日10000国際単位以上摂取した妊婦から生まれた児に先天異常の割合が上昇したとの報告があります。)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

アリフロミンハイ2の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)水分が錠剤につくと表面の糖衣が溶けますので,誤って水滴を落としたり,ぬれた手でふれないようにしてください。
(5)使用期限の過ぎた製品は使用しないでください。

アリフロミンハイ2が気になる人向けのコラム

年齢ごとに異なる理想的な睡眠時間は? 昼寝は健康にいい?

私たちは睡眠によって脳や体の疲れを回復させています。睡眠時間が不足したり、時間は足りていても深い眠りが得られないような場合、生活習慣病やうつ病などにつながることがわかってきました。
一言で「理想的な睡眠」といっても、人によって、また世... 続きを読む

女性のライフスタイルの変化と共に進化する婦人科検診

かつて日本女性は、15歳くらいで月経が始まり、18歳で結婚し、その1年後には子どもを出産するといったことも、それほどめずらしくありませんでした。ところが現代では、食生活が豊かになり、栄養状態が向上したことから、初潮年齢も平均12歳とかなり... 続きを読む

子どもの虚弱体質を改善するツボマッサージ 優しくなでて刺激する

ツボ療法は、大人だけでなくお子さんにもよく効きます。ツボマッサージが得意とするのは、病気まではいかないけれど何か不調のある「未病」と呼ばれる状態。病気ではないのにすぐに疲れたり体調を崩しやすい「虚弱体質」も、未病といえるでしょう。
子... 続きを読む

医療費を安く抑えるポイント-こんな受診の仕方は費用がかさむ

診療所や病院への受診の仕方ひとつで医療費が大きく違ってしまうことを、ご存じですよね?
えっ、ご存じない!?
今までそんなこと全く気にせず、診療時間の後でも休日でも必要だと思えば駆け込んできた、ですって!!……(・|・;)
こんな感じで... 続きを読む

歯の黄ばみを取るならどっち? 2種類のホワイトニンング方法

「芸能人は歯がいのち」というテレビのCMが話題になったことがありますが、近年、美容的な目的で歯を白くしたいという人たちが増えてきました。虫歯のない、歯並びのきれいな白い歯は、大きなチャームポイントになります。
アメリカでは、15年ほど前... 続きを読む