じん茸内服液の効能・用量・副作用など

じん茸内服液の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 液剤
製造販売会社 廣貫堂
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

じん茸内服液の特徴

じん茸内服液は,中国の本草書の古典といわれる「神農本草経」にも収録されている「ニンジン」を主薬とし,インヨウカク,鹿茸(ロクジョウ),黄精(オウセイ),肉じゅ蓉(ニクジュヨウ)の各エキスとオキソアミヂン(ニンニク抽出物)を配合し,虚弱体質,血色不良,冷え症,胃腸虚弱などの滋養強壮に効果をあらわします。

じん茸内服液の効能効果

次の場合の滋養強壮
虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え症

じん茸内服液の用法用量

次の量を,服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1本(30mL):1回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
用法・用量を厳守してください。

じん茸内服液の成分分量

1日量1本(30mL)中
ニンジン流エキス 3.0mL (ニンジン 3000mg)
イカリソウ流エキス 0.1mL (インヨウカク 100mg)
鹿茸流エキス 0.05mL (鹿茸 50mg)
黄精流エキス 0.04mL (オウセイ 40mg)
肉じゅ蓉流エキス 0.05mL (肉じゅ蓉 50mg)
オキソアミヂン 100mg
(添加物)
白糖,D-ソルビトール,クエン酸水和物,クエン酸Na水和物,DL-リンゴ酸,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,ポビドン,パラベン,安息香酸Na,エタノール,エチルバニリン,バニリン,l-メントール,グリセリン,香料
(アルコール1.7mL以下)

じん茸内服液の使用上の注意と副作用

■相談すること
長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

じん茸内服液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)使用期限の過ぎた製品は使用しないでください。

じん茸内服液が気になる人向けのコラム

絶対冷え性を治したい! 冷えを改善する4つの生活ポイント

厳しい寒さが続くなか、体が冷えてつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?
冷え症は圧倒的に女性に多く、女性の2人に1人は冷え症という調査結果もあるほど。それほど女性に多い冷え症ですが、問題なのは、寒い、手足が冷たいといった体の冷... 続きを読む

脂肪を燃焼させるニンニクダイエット

ニンニク
ニンニクダイエットはニンニクの持つ脂肪燃焼作用を利用したダイエット方法です。
ニンニクと言うとスタミナを付けたいときに召し上がると良い食材の代表的な存在ですが、代謝が高まり脂肪燃焼が促進する作用があるのでダイエットにも期待さ... 続きを読む

ヒスチジンを摂取して食欲コントロール

ヒスチジン
噛めば噛むほど満腹感が得られるので、減量にはよく噛むことが良いとされてきましたね。
これは、噛むことにより脳内からヒスタミンという成分が分泌され、食欲抑制に繋がるからだと最近の研究で分かりました。
よく噛むことはダイエッ... 続きを読む

サボテンダイエットなら食欲を抑制できる

サボテン
サボテンは乾燥地で良く見られる植物です。
たくさんの刺が付いている種が多いですが、そんなサボテンが近頃ダイエットに良いと話題になっています。
サボテンは乾燥地でも枯れないように中に多くの水分を取り込めるようになっています。... 続きを読む

ニンジン寒天ダイエットとは

ニンジン寒天
ニンジン寒天ダイエットとは、ニンジン寒天を食べるダイエットです。寒天の食物繊維とニンジンのβカロチンが組み合わさることで、ダイエットの効果がさらにアップすると考えられています。寒天はその8割が食物繊維なので、整腸作用があり... 続きを読む