牛開黄の効能・用量・副作用など

牛開黄の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬主薬製剤
形状 散剤
製造販売会社 松浦薬業
販売会社 松浦漢方ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

牛開黄の特徴

本品は、中国の医書「医学啓源」(1186年)に収載されている“生脈散”(人参、麦門冬、五味子)を基本とし、陰陽五行説における五臓の“肺”に働く黄耆を加えた滋養強壮剤です。
肉体疲労時や胃弱、食欲が出ない時に、また、冷房等による冷えによく奏効します。

牛開黄の効能効果

次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症

牛開黄の用法用量

次の量を食前又は食間に水又は温湯で服用してください。
(食間とは食後2?3時間を指します。)
[年齢:分包剤(1回量):大入り剤(1回量):1日服用回数]
成人(15歳以上):1包:2.0g:3回
15歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
用法・用量を厳守してください。

牛開黄の成分分量

本品3包(6.0g)又は6.0g中
ニンジンエキスS2 860mg (人参3000mgに相当)
バクモンドウエキスS 420mg (麦門冬1800mgに相当)
ゴミシエキス 400mg (五味子1200mgに相当)
オウギエキスS 290mg (黄耆1200mgに相当)
(添加物)
乳糖、デキストリン、軽質無水ケイ酸、ヒプロメロース、トウモロコシデンプン

牛開黄の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振、胃部不快感、下痢
2.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

牛開黄の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

牛開黄が気になる人向けのコラム

すぐに治療を!統合失調症は身近な病

統合失調症はどういう病気

統合失調症は、さまざまな刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患です。詳細は不明な部分もあるものの、ドーパミン系やセロトニン系といった、緊張‐リラックスを司る神経系や、意欲やその持続に関連... 続きを読む

熱中症は屋内にいてもなる? オフィスや家庭でも対策方法

昨年の夏は平均気温が観測史上最高、熱中症で救急搬送された人の数も過去最高という記録的な猛暑でした。今年は、梅雨も明けないうちから猛暑日を記録するなど、6月の暑さは昨年以上で、その後も暑い日が続いています。東日本大震災による電力不足対策で節... 続きを読む

夏の冷えは女性の悩み-解消法と体の内側の「冷え」をチェック

女性は男性に比べ筋肉量が少なく、活動度が低いこと、月経前後のホルモンバランスの不調などから、一般に「冷え」の悩みは男性より女性に多く聞かれます。
「冷えと悩みに関する意識実態」の調査<花王(株)調べ>では、首都圏に住む10代~50代の... 続きを読む

日本の暑い夏を乗り切る知恵-昔ながらの日本の風習を見直そう

蒸し暑い日本の夏。冷房をかけて部屋でグッタリしているという、いつものパターンに陥りがちではないですか?
今年の夏はすこし趣きをかえて、「ジャパニーズ・スタイル」を取り入れてみませんか?
昔の人の、夏を快適に過ごすアイデアは、日本の風土... 続きを読む

可愛いペットは心を癒してくれる-アニマルセラピーの効果とは

可愛い犬の写真を見ただけで、「なんだか、いやされる」と感じたことはないですか?
動物との触れ合いは、人間にとって、心身両面で大きないやし効果を持っています。それを医療に応用しているのがアニマルセラピー。
アニマルセラピーは、老人介護施... 続きを読む