ラクールHの効能・用量・副作用など

ラクールHの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 東光薬品工業
販売会社 ラクール薬品販売
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ラクールHの特徴

ラクールHはサリチル酸メチル,dl-カンフルによる消炎鎮痛効果と,トウガラシエキスの配合による温感効果を合わせもち,慢性的な腰痛,肩こり等に優れた効果を発揮します。また,伸縮性不織布を使用していますので,関節部や筋肉の動きにぴったりフィットし,ヒジ,ヒザなどのはがれやすい部位にも効果的です。

ラクールHの効能効果

打撲,捻挫,骨折痛,肩こり,腰痛,関節痛,筋肉痛

ラクールHの用法用量

表面のプラスチックフィルムをはがし,1日1?2回,患部に貼付してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量をお守りください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)汗をかいている時は,よくふきとってからお貼りください。
(4)患部の広さに応じて,フィルムの上から適当な大きさにハサミで切ってご使用ください。
(5)貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。
(6)入浴の30分以上前にははがしてください。

ラクールHの成分分量

膏体100g中
サリチル酸メチル 1.0g
dl-カンフル 0.5g
トウガラシエキス-20 0.025g (原生薬換算量1.25g)
(添加物)
ポリソルベート80,パラベン,デヒドロ酢酸Na,赤色102号,香料,中鎖脂肪酸トリグリセリド,酸化チタン,ヒプロメロース,リン酸水素Ca,グリセリン,D-ソルビトール,メタケイ酸アルミン酸Mg,ポリアクリル酸Na,カルボキシビニルポリマー

ラクールHの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)しっしん,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
関係部位:皮ふ
症状:発疹・発赤,かゆみ,はれ,痛み
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

ラクールHの保管上の注意

(1)小児の手の届かない所に保管してください。(2)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)品質保持のため,未使用分は袋に入れ,開口部のファスナーを閉めて保管してください。(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ラクールHが気になる人向けのコラム

ひざ上の肉のたるみは筋膜の癒着のせい? 簡単ストレッチで解消

ひざ上の肉をとるためには太ももの筋膜に注目することがポイント。 ひざ上がたるむのは太ももの筋肉が正しく使えていないから。まずは太ももの筋膜の癒着を解消することが大切です。 ひざ上のたるみは、太ももが正しく使えていない結果 私たちの身... 続きを読む

デコルテを綺麗にみせたいなら『鎖骨ほぐし』の筋膜ストレッチがおすすめ

女性の美にとって重要なデコルテの美しさは、鎖骨がカギ。鎖骨まわりの筋膜は緊張しやすいので、ストレッチによってほぐせば、見た目もスッキリ!さらに、動きが滑らかになり所作もきれいになります。 「素肌のアクセサリー」といわれる鎖骨は女性らし... 続きを読む

もっと脚に自信を持ちたい! 足裏の3点を意識すれば美脚に

足の親指の付け根の下の母趾球、小指の付け根の下の小趾球、カカトの3点を意識して歩くことが美脚への近道 足裏には身体のバランスを整えるセンサーがある o脚やx脚、脚が太いなど、脚に自信がない人は、脚より「足」に問題があるのかもしれない... 続きを読む

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む

あなたは大丈夫?腰痛の原因は座る姿勢かも

腰痛の原因は?
最近腰痛になやむようになったあなた、あなたの腰痛の原因はなんでしょうか。腰痛が起こる原因はいくつかありますが、昔と比べ長時間のデスクワークが原因となっているものも増えています。
デスクワークが腰に悪影響を与えるのは、... 続きを読む