パイルズEXハイFの効能・用量・副作用など

パイルズEXハイFの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB1B6B12主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 小林薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

パイルズEXハイFの特徴

パイルズEXハイFは,神経・筋肉系に作用して肩こり,神経痛,腰痛や目を酷使する現代人に起こりがちな眼精疲労の緩和に優れた効果を発揮します。
パイルズEXハイFは,ビタミンB1誘導体であるビスベンチアミンにビタミンB6・B12,天然型ビタミンE,ニコチン酸アミド,パントテン酸カルシウム及びガンマ-オリザノールを配合した黄色?淡黄色のフィルムコーティング錠です。

パイルズEXハイFの効能効果

次の諸症状※の緩和:眼精疲労,筋肉痛・関節痛(腰痛,肩こり,五十肩など),手足のしびれ,神経痛
次の場合のビタミンB1B6B12の補給:肉体疲労時,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

パイルズEXハイFの用法用量

次の量を,食後すぐに,水又はお湯でかまずに服用してください。
[年齢:1回量:服用回数]
成人(15才以上):2?3錠:1日1回
15才未満:服用しないでください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

パイルズEXハイFの成分分量

3錠中
ビスベンチアミン 114.28mg
ピリドキシン塩酸塩 100mg
シアノコバラミン 1500μg
コハク酸d-α-トコフェロール 100mg
ニコチン酸アミド 60mg
パントテン酸カルシウム 30mg
ガンマ-オリザノール 10mg
(添加物)
乳酸カルシウム水和物,ヒドロキシプロピルセルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),メチルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,ケイ酸カルシウム,無水ケイ酸,乳糖水和物,セルロース,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),タルク,ポリビニルアルコール(部分けん化物),酸化チタン,大豆レシチン,リボフラビン,カルナウバロウ

パイルズEXハイFの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐,胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
軟便,下痢,便秘
4.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.服用後,生理が予定より早くきたり,経血量がやや多くなったりすることがある。出血が長く続く場合は,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

パイルズEXハイFの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。
(4)水分が錠剤に付着しますと,表面の一部が溶けて斑点を生じることがありますので,ぬれた手でふれないでください。

パイルズEXハイFが気になる人向けのコラム

頭痛・吐き気の原因は眼精疲労が原因? 眼精疲労の解消法

長時間パソコンを使ったり、本を読んだりしているとき、頭痛が起きたことはありませんか?
それ、眼精疲労から頭痛が発生しているかもしれません。その解消法をまとめました。 眼精疲労が頭皮まで固くして頭痛に 頭痛にはたくさんの種類がありますが、... 続きを読む

あの有名カップルが!? マタニティハイ妻と産後うつ夫

2014年、第一子が誕生した山田優さん。幸せいっぱいの彼女ですが、夫である小栗旬さんが「産後うつ」に悩まされ、山田さん自身も「マタニティハイ」になっていると噂されました。 「産後うつ」は、出産を終えた女性に起こる症状とされてきましたが、男... 続きを読む

若年層も四十肩・五十肩に利く治療方法をご紹介

四十肩・五十肩とは

50歳前後の人によく起こる、肩や腕の凝りや痛み。五十腕。
ごじゅうかた【五十肩】の意味 - 国語辞書 - goo辞書


医学的には「肩関節周囲炎」といって、肩関節周囲の組織が傷ついて炎症がおこり、痛みや... 続きを読む

後ろ姿見ダイエットで目指せスタイルアップ

後ろ姿見
ひとは誰しも鏡にうつる自分の姿を見て、身だしなみを整えたりスタイルのチェックをします。顔は化粧などでカバーできるにしても、自分の後ろ姿をチェックする機会は少ないのではないでしょうか?後ろ姿に現れる年齢をごまかすのはなかなか難し... 続きを読む

誰もが危険。寿命を縮める恐怖の「しびれ」

しびれのメカニズム
日常生活でまれに体がしびれることがありますが、この程度のしびれであれば隠れた病気の心配をする必要はありません。しびれは主に次のようなことが原因で起こります。


しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障... 続きを読む