ハダビタンDXの効能・用量・副作用など

ハダビタンDXの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB6主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 第一薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ハダビタンDXの特徴

ハダビタンDXは,ビタミンB6が主成分のおくすりで,肌あれ,にきび,口内炎などに効果があります。また,妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時のビタミンB6の補給にお使いいただけます。

ハダビタンDXの効能効果

次の諸症状※の緩和:口角炎,口唇炎,口内炎,舌炎,湿疹,皮膚炎,かぶれ,ただれ,にきび,肌あれ,手足のしびれ
次の場合のビタミンB6の補給:妊娠・授乳期,病中病後の体力低下時

ハダビタンDXの用法用量

次の量を,朝夕に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):2錠:2回
7才以上15才未満:1錠:2回
7才未満:服用させないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ハダビタンDXの成分分量

4錠中
ピリドキシン塩酸塩 100mg
酢酸d-α-トコフェロール 40mg
チアミンジスルフィド 5mg
リボフラビン 12mg
ニコチン酸アミド 40mg
γ-オリザノール 10mg
ヨクイニン乾燥エキス末 150mg (ヨクイニン1950mg)
(添加物)
ケイ酸カルシウム,セルロース,ヒドロキシプロピルセルロース,アルファー化デンプン,ステアリン酸マグネシウム,無水ケイ酸,白糖,フマル酸,ステアリン酸,ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート,ヒプロメロース,ゼラチン,アラビアゴム,タルク,炭酸カルシウム,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール,三二酸化鉄,酸化チタン,カルナウバロウ

ハダビタンDXの使用上の注意と副作用

■相談すること
1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ハダビタンDXの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)湿気により錠剤の外観が変化するおそれがありますので,ぬれた手で触れないでください。
(5)容器内の詰め物は,輸送中の錠剤破損防止用です。容器のキャップを開けた後は捨ててください。
(6)容器内に乾燥剤が入っています。服用しないでください。
(7)表示の期限を過ぎたものは服用しないでください。

ハダビタンDXが気になる人向けのコラム

冬はうつ病になりやすい-通常のうつとの相違点・予防のための3か条

朝夕冷え込む季節になりました。それに、日が暮れるのがずいぶん早くなったと思いませんか?
お天気にもよりますが、夕方5時すぎには暗くなって、この時期、何となく気分が落ち込む、気がめいる、といったことは誰にでもあるでしょう。
しかし、気分... 続きを読む

生理前のイライラは、PMSのサイン-PMSの症状と対処法とは

生理が始まる3~10日前から、なんとなくイライラする、ゆううつな気分になる、腹痛や腰痛が起こる。でも、生理が始まると、ケロリと治ってしまう…こんな体験をした人はないですか?
これらの症状は月経前緊張症(PMS)と呼ばれます。
人によって... 続きを読む

誰もが危険。寿命を縮める恐怖の「しびれ」

しびれのメカニズム
日常生活でまれに体がしびれることがありますが、この程度のしびれであれば隠れた病気の心配をする必要はありません。しびれは主に次のようなことが原因で起こります。


しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障... 続きを読む

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む