コバドリンA錠の効能・用量・副作用など

コバドリンA錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 錠剤
製造販売会社 新新薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

コバドリンA錠の特徴

セキは気管に入った異物や老廃物を、タンとして体外に排出する作用を助けますが、セキはジェット機にたとえられるほど呼気が激しいので、エネルギーをひどく消耗し、ただでさえ衰弱している患者の体力を一層衰えさせます。また就寝時のセキは不眠の原因となります。
従って、セキを伴う諸種の病気の治療に際しては、まず適切な鎮咳・去痰薬の服用がたいせつです。
コバドリンA錠は、苦しい咳を鎮め、タンを切るのに必要な薬剤を適正量配合した淡黄色の錠剤です。

コバドリンA錠の効能効果

せき、たん

コバドリンA錠の用法用量

下記の量を食後水又はお湯と一緒に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):2錠:1日3回
8歳以上15歳未満 :1錠:1日3回
8歳未満 :服用しないこと
(用法関連注意)
・小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
・錠剤の取り出し方
PTP包装の製品は、錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して、裏面のアルミ箔を破り、取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると 食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

コバドリンA錠の成分分量

6錠中
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 75mg
ジヒドロコデインリン酸塩 21mg
グアイフェネシン 300mg
ジフェンヒドラミンサリチル酸塩 81mg
無水カフェイン 150mg
カンゾウ末 300mg
(添加物)
ヒドロキシプロピルスターチ、ケイ酸アルミニウム、セルロース、ステアリン酸マグネシウム

コバドリンA錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他の鎮咳去痰薬、かぜ薬、鎮静薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)
2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気等があらわれることがあります。)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
4.過量服用・長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(6)次の症状のある人 高熱、排尿困難
(7)次の診断を受けた人 心臓病、高血圧、糖尿病、緑内障、甲状腺機能障害

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚 :発疹・発赤、かゆみ
消化器 :吐き気・嘔吐、食欲不振
精神神経系 :めまい
泌尿器 :排尿困難
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
便秘、口のかわき、眠気
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

コバドリンA錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限(外箱に記載)をすぎた製品は服用しないでください。

コバドリンA錠が気になる人向けのコラム

ココアダイエットで便秘を解消!

ココア
ダイエットというと、極端な食事制限や絶食をしたり、きつい運動を無理に行って痩せようとする人が時折見受けられます。

しかしこれらの極端な食事制限やきつい運動を行うダイエットは身体に多大な負担を与えるばかりではなく、胃腸の調子... 続きを読む

冷え性の原因は自律神経失調症にあるかも-万病の元、冷え性を治す

女性たちを悩ませる冷え症。冷え症とは、手や足、あるいは腰などに異常な冷感がある状態のこと。
西洋医学では、冷え症そのものは治療の対象になりませんが、だからといって、決してあなどらないでください。
体の冷え以外の症状がつらくて病院で診... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

なかなか寝付けない夜の対処法-快眠するためのポイント3つ

いま「眠れない人」が増えています。眠れない人に共通しているのは、残業などで帰宅時間が遅く、眠る時間が不規則だったり、仕事や生活で強いストレスを感じているなど、社会的な影響が強いことが特徴です。さらに眠れないことを気にしているとかえって緊張... 続きを読む

目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方

「目くそ鼻くそを笑う」ということわざがあります。自分の欠点には気づかずに、他人の欠点を見下すことの例えです。確かにいますよね、こういう人。なぜ目くそ(目やに)と鼻くそが例えに用いられるのかというと、元は一緒で汚さではどっちもどっち、同じよ... 続きを読む