新ビノック鼻炎用カプセルの効能・用量・副作用など

新ビノック鼻炎用カプセルの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鼻炎用内服薬
形状 カプセル剤
製造販売会社 新新薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

新ビノック鼻炎用カプセルの特徴

くしゃみ,鼻みず,鼻づまり,なみだ目,頭重などは,鼻かぜやアレルギー性鼻炎による諸症状です。鼻炎は鼻の粘膜が腫れあがって,空気の通過を妨害しますので,気分がすぐれないばかりか,睡眠不足,過労,注意力・集中力・根気力の低下など,日常生活を不快にします。
新ビノック鼻炎用カプセルは,これらの諸症状を緩和して,効き目をあらわします。

新ビノック鼻炎用カプセルの効能効果

急性鼻炎、アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:
くしゃみ, 鼻水,鼻づまり,なみだ目,のどの痛み,頭重

新ビノック鼻炎用カプセルの用法用量

下記の量を食後に水又はお湯と一緒に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
15歳以上:1カプセル:3回
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)カプセルの取り出し方
右図のようにカプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して,裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用してください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

新ビノック鼻炎用カプセルの成分分量

3カプセル中
d-マレイン酸クロルフェニラミン 4.5mg
塩酸プソイドエフェドリン 105mg
ベラドンナ総アルカロイド 0.4mg
無水カフェイン 120mg
サイシン乾燥エキス(生薬換算量) 300mg
(添加物)
カプセル内容物:バレイショデンプン,乳糖水和物,結晶セルロース,ステアリン酸マグネシウム
カプセル本体 :青色1号,赤色3号,ラウリル硫酸ナトリウム,亜硫酸水素ナトリウム,ゼラチン

新ビノック鼻炎用カプセルの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください。
(1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)次の症状がある人
前立腺肥大による排尿困難
(3)次の診断を受けた人
高血圧,心臓病,甲状腺機能障害,糖尿病
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないでください。
他の鼻炎用内服薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(かぜ薬,鎮咳去痰薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬),塩酸フェニルプロパノールアミンを含有する内服薬(かぜ薬,鎮咳去痰薬)
3.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないでください。
(眠気や目のかすみ,異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります。)
4.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)本人又は家族がアレルギー体質の人
(5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(6)次の症状のある人 高熱、排尿困難
(7)次の診断を受けた人 緑内障
(8)モノアミン酸化酵素阻害剤(塩酸セレギリン等)で治療を受けている人
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ :発疹・発赤,かゆみ
消化器 :悪心・嘔吐,食欲不振
精神神経系:めまい,不眠,神経過敏,頭痛
その他:排尿困難,顔のほてり,異常なまぶしさ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は,直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):服用後すぐにじんましん,浮腫,胸苦しさ等とともに顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさ等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱を伴って,発疹・発赤、火傷様の水ぶくれ等の激しい症状が,全身の皮ふ,口や目の粘膜にあらわれる。
(2)5?6日間服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください。
口のかわき,便秘

新ビノック鼻炎用カプセルの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は服用しないでください。

新ビノック鼻炎用カプセルが気になる人向けのコラム

高温多湿になる梅雨時は水虫に注意! 水虫にならない習慣とは

“おじさんの病気”というイメージがある水虫ですが、最近では女性の水虫患者が増えています。その原因は、冬のブーツにありました。
水虫は、カビの一種である“白癬菌”(はくせんきん)による感染症で、放っておくと1年中生きつづけています。カビは... 続きを読む

パソコン&スマホの長時間使用にご用心-いつの間にかたまる疲労

パソコンやケータイは、いまや生活必需品、これなしでは生きていけないという人も珍しくありません。しかし、どんなに便利なものでも、使いすぎたり頼りすぎたりしていると、思わぬ落とし穴にはまってしまいます。

毎日、長時間にわたってパソコンに... 続きを読む

ホスファチジルコリン

普段の会話で「アレ、あの芸能人の名前なんだっけ?」と、なかなか思い出せないこと、ありませんか?
それは、脳が老化してきている証拠!
脳トレもおすすめですが、最近注目されているのは脳のための栄養成分“ホスファチジルコリン”。脳で、学習や記憶... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。
帯状疱疹は、激しい痛... 続きを読む

寝ているときに起こる脚のムズムズ-治療法や受診する病院は?

太ももやふくらはぎなど脚の奥のほうに、まるで虫がはい回っているような「むずがゆさ」や「ピリピリ感」があって、じっとしていられない、一晩中眠れなかった――などという症状を訴える患者さんが、この数年で目立つようになってきました。不眠を訴えて睡... 続きを読む