デュアタイムコーワの効能・用量・副作用など

デュアタイムコーワの基本情報

デュアタイムコーワ

デュアタイムコーワ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 ビタミンB6主薬製剤
形状 錠剤
製造販売会社 日東薬品工業
販売会社 興和
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

デュアタイムコーワの特徴

デュアタイムコーワは、朝になると自然に目覚め、夜になると眠くなる、約24時間の体内リズム(サーカディアンリズム)に着目したビタミン剤です。バランスよく配合した5種類のビタミンに加え、『朝用』には紫外線などに対する抗酸化作用のあるビタミンEを、『夜用』には乾燥しがちな皮膚の保水に関与する生薬ヨクイニンを配合。朝と夜、きちんと服用することで、肌の生まれ変わりを助けて肌あれ・にきびなどを改善します。

デュアタイムコーワの効能効果

・次の諸症状の緩和:肌あれ、にきび、口内炎、口角炎、口唇炎、舌炎、湿疹、皮膚炎、かぶれ、ただれ、手足のしびれ
「ただし、これらの症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師又は薬剤師に相談してください。」
・次の場合のビタミンB6の補給:妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時

デュアタイムコーワの用法用量

下記の量を水又は温湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):朝(黄色錠)3錠、夜(白色錠)3錠:2回(朝1回、夜1回)
15歳未満の小児:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)黄色錠と白色錠で成分が異なります。用法・用量を厳守してください。
(2)錠剤の取り出し方:錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して、裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)
[PTP包装に記載]

デュアタイムコーワの成分分量

6錠(黄色の朝用3錠、白色の夜用3錠)中
ピリドキシン塩酸塩 (黄50.0mg・白50.0mg)
リボフラビン (黄6.0mg・白6.0mg)
アスコルビン酸 (黄250.0mg・白250.0mg)
ニコチン酸アミド (黄20.0mg・白20.0mg)
パントテン酸カルシウム (黄10.0mg・白10.0mg)
コハク酸d-α-トコフェロール (黄20.0mg)
ヨクイニンエキス (白160.0mg) (ヨクイニン2080mg)
(添加物)
乳酸Ca、乳糖、セルロース、無水ケイ酸、ヒドロキシプロピルセルロース、カラメル、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、タルク、酸化チタン、三二酸化鉄

デュアタイムコーワの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐
2.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

デュアタイムコーワの保管上の注意

(1)高温をさけ、直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)PTPのアルミ箔が破れたり、中身の錠剤が破損しないように、保管及び携帯に注意してください。
(5)使用期限(外箱に記載)をすぎた製品は服用しないでください。
[PTP包装に記載]
(1)高温をさけ、直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)水分が錠剤につくと、内容成分の変化のもととなりますので、水滴を落としたり、ぬれた手で触れないでください。誤って錠剤をぬらした場合は、ぬれた錠剤を廃棄してください。
(5)容器のキャップのしめ方が不十分な場合、湿気などにより、品質に影響を与える場合がありますので、服用のつどキャップをよくしめてください。
(6)使用期限(外箱に記載)をすぎた製品は服用しないでください。
[ポリビン包装に記載]

デュアタイムコーワが気になる人向けのコラム

すぐに治療を!統合失調症は身近な病

統合失調症はどういう病気

統合失調症は、さまざまな刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害される慢性の疾患です。詳細は不明な部分もあるものの、ドーパミン系やセロトニン系といった、緊張‐リラックスを司る神経系や、意欲やその持続に関連... 続きを読む

【医師が教える】やればやるほど老ける運動・若返る運動

体を動かすのもおっくうだった冬の峠を抜け、「久しぶりに運動でもしてみようかな?」と思っている人も多いのではないでしょうか。 「体はしっかり使って躍動させることで、どんどんと性能がアップしていきます。体を使うことを習慣化している女性は、心... 続きを読む

冬はうつ病になりやすい-通常のうつとの相違点・予防のための3か条

朝夕冷え込む季節になりました。それに、日が暮れるのがずいぶん早くなったと思いませんか?
お天気にもよりますが、夕方5時すぎには暗くなって、この時期、何となく気分が落ち込む、気がめいる、といったことは誰にでもあるでしょう。
しかし、気分... 続きを読む

生理前のイライラは、PMSのサイン-PMSの症状と対処法とは

生理が始まる3~10日前から、なんとなくイライラする、ゆううつな気分になる、腹痛や腰痛が起こる。でも、生理が始まると、ケロリと治ってしまう…こんな体験をした人はないですか?
これらの症状は月経前緊張症(PMS)と呼ばれます。
人によって... 続きを読む

【医師が回答!】「洗顔」って結局どのやり方が正解なんですか?

私は敏感肌、乾燥肌で肌が荒れやすいです。そのため、少しでも刺激を軽減させたくて洗顔の正しいやり方について調べたのですが、サイトによって書いている事が違うので、どの方法が良いのかわかりません。 (質問者
hainf1103さん) 教え... 続きを読む