シンプトップの効能・用量・副作用など

シンプトップの基本情報

シンプトップ

シンプトップ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 動脈硬化用薬(リノール酸,レシチン主薬製剤等)
形状 カプセル剤
製造販売会社 アルフレッサファーマ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

シンプトップの特徴

シンプトップは
○主成分は大豆から抽出・精製した高活性レシチンです。
○血清高コレステロールを改善します。
○主成分は細胞膜とりわけ肝細胞膜中の重要な構成成分です。

シンプトップの効能効果

血清高コレステロールの改善

シンプトップの用法用量

次の用量を1日3回食後に服用してください。
[年齢:1回量]
成人(15才以上):2カプセル
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
●用法・用量を厳守してください。
●噛まずに服用してください。
●カプセルの取り出し方
カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲み下さい。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

シンプトップの成分分量

6カプセル中
ポリエンホスファチジルコリン 1.5g
(添加物)
トコフェロール酢酸エステル、トコフェロール、ヒマワリ油、ダイズ油、ゼラチン、グリセリン、三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、黒酸化鉄、パラオキシ安息香酸エチル、パラオキシ安息香酸プロピル

シンプトップの使用上の注意と副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,胃部不快感,胸やけ,腹部膨満感
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢,軟便
4. しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
その他の注意
血清高コレステロールの改善には食事療法が基本であり,薬剤の服用は食事療法の補助療法です。本剤を服用しても現に行っている食事療法を続けてください。

シンプトップの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(高温・高湿下では内容物の漏出が生じることがあります。)
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は服用しないでください。

シンプトップに効果効能が似た薬

シンプトップが気になる人向けのコラム

低すぎてもNG!女性の【コレステロール値】正しい見方

コレステロールの種類と役割をもう一度おさらい コレステロールには、肝臓で作られるものと、卵などの食品から摂るものがあり、体を構成する細胞の組織や、性ホルモン、副腎皮質ホルモンといった各種ホルモンを作るための原料となります。 また、コレ... 続きを読む

貧血のカギはヘモグロビン-鉄欠乏性貧血は女性の病気の疑いあり

貧血とは血液中の赤血球やヘモグロビンが減少した状態をいい、血液検査で調べることができます。健康診断における貧血検査の項目は、労働安全衛生規則に基づく一般健診ではヘモグロビン(血色素:Hb)と赤血球数の2つです。通常人間ドックでは、この2つ... 続きを読む

植物ステロール

「植物ステロール」と聞いて、コレステロールと似ている、と思った人も多いのでは?名前だけでなく、植物ステロールは、コレステロールととても似た構造をしています。 「『植物ステロール』は、植物の細胞を構成する成分のひとつ。これに対し動物由来のも... 続きを読む

シモン茶の食物繊維とレシチンが効果的

シモン茶
シモン茶は、南米ブラジルを原産とするシモン芋から作られています。近年では九州地方を中心に日本国内でも広く栽培されるようになりました。また、シモン茶は芋を原料にしているためカフェインを含みません。また、含まれる成分がダイエットに... 続きを読む

動脈硬化の予防にはコレステロール値を下げるのがポイント

狭心症や心筋梗塞などの心臓病、脳出血・脳梗塞などの脳卒中、これら循環器の病気が日本人の死亡原因の30%近くを占めています。循環器の病気の主な原因は動脈硬化です。動脈硬化は、血管に余分なコレステロールなどがたまり、血管が狭くなったり弾力性が... 続きを読む