「クラシエ」漢方竹茹温胆湯エキス顆粒iの効能・用量・副作用など

「クラシエ」漢方竹茹温胆湯エキス顆粒iの基本情報

「クラシエ」漢方竹茹温胆湯エキス顆粒i

「クラシエ」漢方竹茹温胆湯エキス顆粒i

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 竹茹温胆湯
形状 散剤
製造販売会社 クラシエ製薬
販売会社 クラシエ薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

「クラシエ」漢方竹茹温胆湯エキス顆粒iの特徴

●「竹茹温胆湯」は,漢方の古典といわれる中国の医書「万病回春(マンビョウカイシュン)」に収載されている薬方です。
●かぜ,インフルエンザ,肺炎などの回復期に熱が長びいたり,せきやたんが多く安眠できないなどの症状に効果があります。

「クラシエ」漢方竹茹温胆湯エキス顆粒iの効能効果

体力中等度のものの次の諸症:かぜ,インフルエンザ,肺炎などの回復期に熱が長びいたり,また平熱になっても,気分がさっぱりせず,せきやたんが多くて安眠が出来ないもの

「クラシエ」漢方竹茹温胆湯エキス顆粒iの用法用量

次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1包:3回
15才未満7才以上:2/3包:3回
7才未満4才以上:1/2包:3回
4才未満2才以上:1/3包:3回
2才未満:1/4包:3回
(用法関連注意)
〈用法・用量に関連する注意〉
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1才未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください。
〈成分に関連する注意〉
本剤は天然物(生薬)のエキスを用いていますので,顆粒の色が多少異なることがあります。

「クラシエ」漢方竹茹温胆湯エキス顆粒iの成分分量

3包(5.85g)中
竹茹温胆湯エキス粉末 4,950mg (ハンゲ3.75g,サイコ・チクジョ・ブクリョウ・バクモンドウ各2.25g,チンピ・キジツ・コウブシ・キキョウ各1.5g,オウレン・カンゾウ・ショウキョウ・ニンジン各0.75gより抽出。)
(添加物)
CMC-Ca,二酸化ケイ素,セルロース,スクラロース,アセスルファムK,ステアリン酸マグネシウム

「クラシエ」漢方竹茹温胆湯エキス顆粒iの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
生後3ヵ月未満の乳児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

「クラシエ」漢方竹茹温胆湯エキス顆粒iの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限のすぎた商品は服用しないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する時は,袋の口を折り返して保管し,2日をすぎた場合には服用しないでください。

「クラシエ」漢方竹茹温胆湯エキス顆粒iに効果効能が似た薬

「クラシエ」漢方竹茹温胆湯エキス顆粒iが気になる人向けのコラム

なぜ【インフルエンザ】には何度もかかるの?

はしかや水ぼうそうに二度かからないのはリンパ球の記憶のおかげ 子どもの頃にはしかや水ぼうそうにかかった人は、通常大人になってからかかることはありません。一方で、インフルエンザは、同じシーズンに何度もかかることもあります。その違いはどこ... 続きを読む

気分をリフレッシュしながら散歩ダイエット

散歩
日ごろ私たちはなかなか自分の足を使って歩く機会がありません。車や電車、それ以外にもさまざまな交通機関を利用して移動をしています。摂取しているカロリーの割には消費しているカロリーが少なく、その分が体重増加として現れてきます。そうした... 続きを読む

2016‐2017年に流行するインフルエンザの特徴・症状・予防対策

今年もインフルエンザの季節がやってきました。 2016~2017年にかけて流行するインフルエンザの特徴と予防対策について、まとめました。 12月末から患者数が急増する見込み 年末に向けて、日に日に寒くなってくるこの時期に気をつけたいの... 続きを読む

実は「うがい」は不要だった?【インフルエンザの予防法】最新情報

2011-2012年の冬シーズンから、国の公的機関におけるインフルエンザ予防法の中にあった「うがいの励行」が消えました。最近アップされた首相官邸のホームページにある「(季節性)インフルエンザ対策」にも、マスクや手洗いの励行はあっても、「... 続きを読む

ホントに怖い【インフルエンザ】気になる3つの疑問と予防コツ4つ

気温が低く空気が乾燥するこの季節、毎年のようにインフルエンザが流行します。 毎年流行るので、もう耳慣れた話しばかりでウンザリ、結局「手洗い」と「うがい」と「マスク」で予防でしょ?
と仰る方も多いかもしれませんが、インフルエンザは普通の... 続きを読む