チルデントこども用せき止めシロップの効能・用量・副作用など

チルデントこども用せき止めシロップの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮咳去痰薬
形状 液剤
製造販売会社 大昭製薬
販売会社 京都薬品ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

チルデントこども用せき止めシロップの特徴

チルデントこども用せき止めシロップは鎮咳剤、去痰剤、坑ヒスタミン剤、生薬などの成分を配合したせき、たんのお薬です。
本剤は小児にとって服用しやすいイチゴ風味のシロップです。また、小児の誤飲などを防止するために安全キャップを採用しました。

チルデントこども用せき止めシロップの効能効果

せき、たん

チルデントこども用せき止めシロップの用法用量

次の1回量を添付のカップではかり、1日3回毎食後および必要な場合には、就寝前に服用してください。
また、場合により、1日6回まで約4時間の間隔をおいて服用してください。
[年齢:1回量]
8才以上11才未満:10mL
5才以上8才未満:6.5mL
3才以上5才未満:5mL
1才以上3才未満:4mL
3ヶ月以上1才未満:2mL
3ヶ月未満:服用しないこと
(用法関連注意)
■用法・用量に関連する注意
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)2才未満の乳幼児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。
(3)定められた用法・用量を厳守してください。
(4)生薬成分を配合していますので、沈殿を生じることがありますが、効果には変わりありません。よく振って服用してください。

チルデントこども用せき止めシロップの成分分量

1日量(60mL)中
デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物 30mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 37.5mg
グアヤコールスルホン酸カリウム 135mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 6mg
カンゾウエキス 65mg (原生薬換算量260mg)
キキョウエキス 75mg (原生薬換算量300mg)
ショウキョウエキス 14mg (原生薬換算量168mg)
(添加物)
白糖、クエン酸、クエン酸Na、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、プロピレングリコール、パラベン、香料、エタノール、バニリン

チルデントこども用せき止めシロップの使用上の注意と副作用

本剤は小児用ですが、鎮咳去痰薬として定められた一般的な注意事項を記載しています。
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください
他の鎮咳去痰薬、かぜ薬、鎮静薬、坑ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)
3.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください
(眠気等があらわれることがあります。)
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)授乳中の人。
(4)高齢者。
(5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。
高熱、排尿困難
(7)次の診断を受けた人。
心臓病、高血圧、糖尿病、緑内障、甲状腺機能障害
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振
精神神経系:めまい
呼吸器:息苦しさ、息切れ
泌尿器:排尿困難
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
●ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
●再生不良性貧血:青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。
●無顆粒球症:突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
口のかわき、眠気
4.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

チルデントこども用せき止めシロップの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わります)
4.使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
5.計量カップは使用のつど、よく水洗いして本剤とともに清潔に保管してください。

チルデントこども用せき止めシロップが気になる人向けのコラム

長引く咳はある病気が原因? 医者に行く前にチェックしたい6つ

夏から秋への季節の変わり目には、夏の疲れが出たり、天気がめまぐるしく変わり気温の変化が大きいといった具合で、うっかりかぜをひいてしまうことも。そんなときは温かくして睡眠と栄養を十分とり、早く治してしまいましょう。
通常のかぜならば2週... 続きを読む

子どもの緊急事態のときに使用する電話窓口

子どもの思わぬトラブル
子どもは急な病気や怪我などのトラブルが多いもの。急な発熱や、嘔吐、下痢、湿疹などの病気の症状や、家庭内の事故による怪我、また、誤飲等による事故もあります。言葉で訴えることができる年齢ならともかく、乳幼児の場合は自... 続きを読む

ブラウンシュガーで健康的にサイズダウン

ブラウンシュガー
ブラウンシュガーを用いたダイエットとは、ブラウンシュガーとは、その名のとおり茶色い砂糖という意味をあらわします。三温糖や黒砂糖などがこの仲間に入ります。白砂糖のかわりにブラウンシュガーを使うことで、甘いものを我慢するこ... 続きを読む

マイコプラズマ肺炎とは? 風邪と見分け難い、症状や治療法など

肺炎というと、お年寄りがかかると命取りにもなりかねない病気ですが、マイコプラズマ肺炎は10~30代の若い人たちがかかることが多く、しかもわりと軽症なために普通のかぜと見分けがつきにくく、診断が遅れることがあります。一般的によく処方される抗... 続きを読む

お花見にもって行きたい! お弁当のアレンジ-ピンチョスレシピ

春到来!
春の始まりはなんと言ってもお花見ですね。今年、桜の開花は早め、関東から西では満開を迎えたところも多いですが、北国ではこれからが本番。そして桜のあとは、新緑とともにつつじやれんげ、チューリップ、ポピーなど美しい春の花々が次々と見ご... 続きを読む