ピロエースZ液の効能・用量・副作用など

ピロエースZ液の基本情報

ピロエースZ液

ピロエースZ液

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 みずむし・たむし用薬
形状 液剤
製造販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ピロエースZ液の特徴

1.殺真菌成分「ラノコナゾール」が,患部によく浸透し,角質が厚くなってしまったみずむしにも効果を発揮します。長時間患部に貯留し,1日1回の使用で効果をあらわします。
2.「クロルフェニラミンマレイン酸塩」「クロタミトン」が,患部の不快なかゆみをしずめます。
3.「l-メントール」が,患部にスーッとした清涼感を与え,かゆみをしずめます。
4.「グリチルレチン酸」が,患部の炎症をおさえます。
5.カサカサタイプの症状に塗りやすく,使いやすい液剤です。

ピロエースZ液の効能効果

みずむし,いんきんたむし,ぜにたむし

ピロエースZ液の用法用量

1日1回,適量を患部に塗布して下さい。
(用法関連注意)
(1)使用法を厳守して下さい。
(2)患部やその周囲が汚れたまま使用しないで下さい。
(3)目に入らないように注意して下さい。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けて下さい。
(4)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(5)外用にのみ使用して下さい。

ピロエースZ液の成分分量

100mL中
ラノコナゾール 1.0g
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.5g
クロタミトン 5.0g
グリチルレチン酸 0.5g
l-メントール 1.0g
(添加物)
マクロゴール,アジピン酸ジイソプロピル,pH調節剤,エタノール

ピロエースZ液の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないで下さい。
本剤又は本剤の成分により過敏症状(発疹・発赤,かゆみ,浮腫等)を起こしたことがある人
2.次の部位には使用しないで下さい。
(1)目や目の周囲,粘膜(例えば,口腔,鼻腔,膣等),陰のう,外陰部等
(2)しっしん
(3)湿潤,ただれ,亀裂や外傷のひどい患部
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)乳幼児
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)患部が顔面又は広範囲の人
(5)患部が化膿している人
(6)「しっしん」か「みずむし,いんきんたむし,ぜにたむし」かがはっきりしない人
(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は,しっしん等他の原因による場合が多い)
(7)妊婦又は妊娠していると思われる人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,はれ,刺激感,熱感,ただれ,乾燥・つっぱり感,水疱,ヒリヒリ感,亀裂
なお,「むくみ,息苦しさ」があらわれた場合には,直ちに医師の診察を受けて下さい。
3.使用後,症状がかえって悪化した場合(ただれたり,化膿したり,病巣が前より広がる等)は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
4.2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
その他の注意
<成分・分量に関連する注意>
(1)本剤はアルコールを含んでいますので、しみることがあります。
(2)塗布後ほてり(熱感)を感じることがありますが、短時間のうちに消失します。

ピロエースZ液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)火気に近づけないで下さい。
(5)本剤は化学繊維,プラスチック類,塗装面等を溶かしたりすることがありますので,床,家具,メガネ等につかないようにして下さい。
(6)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

ピロエースZ液が気になる人向けのコラム

水虫の正しい知識 Part1-完治しずらい爪水虫、手にも水虫?

水虫というと高温多湿の夏に多い病気で寒い冬場には関係ない病気、と思っている方がいらっしゃるとしたら、それは大きな間違いです。足の裏や足の指の間にできる水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる真菌(しんきん)が爪に侵入して起こる爪水... 続きを読む

これってもしかして水虫?初期治療のコツと完治させるポイント

日本人の5人に1人は水虫にかかったことがある 水虫というと足が不潔な人がかかるもの、と思っている人もいると思いますが、日本で水虫にかかったことのある人は約2500万人といわれています。つまり、4~5人に1人は水虫経験者。家族で誰かが水... 続きを読む

ひとり暮らしの外食頼みは気をつけて!バランスよく食べるコツ

ひとり暮らしで仕事をしていたら、仕事が終わった後、家で毎日食事を作るのは大変ですよね。だからどうしても外食やコンビニ弁当頼みに。しかし、外食やコンビニ弁当は一般に味付けが濃いか脂っこく、魚より肉類に偏りやすく、野菜や豆類は不足しがち。つま... 続きを読む

これは覚えておきたい-暑い季節の食中毒を予防するための8カ条

雨がしとしと降り続き気温も上昇、うっとうしい日本の梅雨。この時期から活発な活動を開始するのが食中毒菌です。
ちなみに食中毒とは、食中毒菌や食中毒菌の出す毒素に汚染された食品を食べることなどによって起こる中毒症状で、日本での発生が多いの... 続きを読む

冬の乾燥からお肌を守るセルフケア|バリア機能を高める4つのコツ

冬は皮膚が乾燥し、肌荒れやかゆみなどの皮膚トラブルが増える季節です。冬は元々空気が乾燥しているのに加え、暖房器具の使用により室内の空気はますます乾燥します。また、気温が低いと血行が悪くなって新陳代謝が低下し、皮脂の分泌が減ります。寒いと手... 続きを読む