トラフル ダイレクトの効能・用量・副作用など

トラフル ダイレクトの基本情報

トラフル ダイレクト

トラフル ダイレクト

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口内炎用薬
形状 その他
製造販売会社 救急薬品工業
販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

トラフル ダイレクトの特徴

トラフル ダイレクトは,副腎皮質ホルモン(ステロイド成分)のトリアムシノロンアセトニドを配合した口腔内溶解型フィルム製剤です。
患部に貼付し,直接効く,口内炎治療薬です。

トラフル ダイレクトの効能効果

口内炎(アフタ性)

トラフル ダイレクトの用法用量

[年齢:使用方法]
成人(15歳以上):1患部に,1回1枚,1日1?2回オレンジ色面を患部粘膜に付着させて用います。
小児(5歳以上):1患部に,1回1枚,1日1?2回オレンジ色面を患部粘膜に付着させて用います。
5歳未満:使用しないで下さい。
(用法関連注意)
1.用法・用量を厳守して下さい。
2.本剤は時間がたつと自然に溶けてなくなりますので,無理にはがさないで下さい。
3.痛みが治まったら使用を終了して下さい。(使用中のものをはがし取る必要はありません)
4.小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
5.5歳未満の乳幼児には使用させないで下さい。
6.小児への使用においては,貼付後,指ではがし取るおそれがありますので注意して下さい。
7.本剤は口腔内貼付剤ですので内服しないで下さい。内服しても効果はありません。
8.誤って飲み込んでしまった場合,新しい薬を患部に貼り直して下さい。万一,症状が変わったり,不安に思うことがありましたら医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
9.本剤は,使用方法をまちがえると付着しないことがありますので,使用方法を良く読んで正しく使用して下さい。使用部位によっては貼りにくい部分がありますので,うまく貼れない場合は医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
10.使用を忘れた場合は,気づいたとき,できるだけ早く貼って下さい。
11.患部粘膜が唾液などで著しくぬれている場合は,本剤の付着が悪くなりますので,あらかじめ口内炎ができている部分にティッシュペーパーやガーゼなどを軽くあてて,唾液を拭き取った後に貼って下さい。
12.本剤を患部粘膜に付着させた後,舌などで強くさわると,はがれることがありますので,注意して下さい。また,溶けてなくなる前にはがれた場合には,飲み込まずに捨てて下さい。
13.薬剤の取り出し方
薬剤の入っているシート上面の透明フィルムをはがし,取り出して使用して下さい。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります)

トラフル ダイレクトの成分分量

1枚中
トリアムシノロンアセトニド 0.025mg
(添加物)
ポビドン,ヒドロキシプロピルセルロース,マクロゴール,L-アスコルビン酸ステアリン酸エステル,酸化チタン,黄色5号,ヒプロメロースフタル酸エステル,セラック,グリセリン脂肪酸エステル

トラフル ダイレクトの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないで下さい。
(1)感染性の口内炎が疑われる人(医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい)
●ガーゼなどで擦ると容易にはがすことのできる白斑が口腔内全体に広がっている人(カンジダ感染症が疑われます)
●患部に黄色い膿がある人(細菌感染症が疑われます)
●口腔内に米粒大?小豆大の小水疱が多発している人,口腔粘膜以外の口唇,皮膚にも水疱,発疹がある人(ウイルス感染症が疑われます)
●発熱,食欲不振,全身倦怠感,リンパ節の腫脹などの全身症状がみられる人(ウイルス感染症が疑われます)
(2)口腔内に感染を伴っている人
(ステロイド剤の使用により感染症が悪化したとの報告があることから,歯槽膿漏,歯肉炎等の口腔内感染がある部位には使用しないで下さい)
(3)5日間使用しても症状の改善がみられない人
(4)1?2日間使用して症状の悪化がみられる人
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)授乳中の人
(4)高齢者
(5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(6)患部が広範囲(患部を本剤でおおいきれない)にある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
口腔内:白斑(カンジダ感染症が疑われる),患部に黄色い膿がある(細菌感染症が疑われる)
上記の症状のほか,アレルギー症状(気管支喘息発作,浮腫等)があらわれた場合
3.使用後,次の症状があらわれた場合には,感染症による口内炎や他疾患による口内炎が疑われるので,医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
発熱,食欲不振,全身倦怠感,リンパ節の腫脹,水疱(口腔内以外),発疹・発赤,かゆみ,口腔内の患部が本剤でおおいきれないくらい広範囲に広がる,目の痛み,かすみ目,外陰部潰瘍

トラフル ダイレクトの保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
2.小児の手の届かない所に保管して下さい。
3.他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
4.本剤をとり出した後,シートは再び開封したアルミ袋に入れ,袋の口を二重に折り返して保管して下さい。
5.表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。また,アルミ袋開封後は品質保持の点からなるべく早く使用して下さい。

トラフル ダイレクトが気になる人向けのコラム

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む

口臭や歯のくすみ大丈夫? 加齢とともに口内環境は悪化する

「平成17年歯科疾患実態調査」(厚生労働省:6年ごとに行っている調査)によると、1日の歯みがき回数は調査ごとに増加し、口の中の健康に対する意識が高まっていることがうかがえます。
一方、別の調査では、毎日歯みがきしているのに、口の中のネ... 続きを読む

甘い砂糖が虫歯をまねくのは本当?正しいオーラルケアを知って

虫歯や歯周病にかかると、痛みや苦痛に加えて、病院に通う手間や費用なども大変です。正しい歯の磨き方など、事前にケアの方法を知っておき、毎日こまめに実践して予防したいものです。
まず、意外に知られていない虫歯の原因からお話ししましょう。 ... 続きを読む

低すぎてもNG!女性の【コレステロール値】正しい見方

コレステロールの種類と役割をもう一度おさらい コレステロールには、肝臓で作られるものと、卵などの食品から摂るものがあり、体を構成する細胞の組織や、性ホルモン、副腎皮質ホルモンといった各種ホルモンを作るための原料となります。 また、コレ... 続きを読む